KyotoTycoonをDockerで使用する

  • 1
    いいね
  • 0
    コメント

概要

KyotoTycoonを使用しているサーバのOSが古くなってしまったので、
新しくしようとしたついでにDocker化しよっかなというのがきっかけです。
Dockerの良い部分の一つとして同一ホスト内で環境を分離できる特性がありますので、それを活かして延命を図ります。
ログをホストに転送したいという希望があったのと、KyotoTycoonがデータとログを同じディレクトリに作成していることもありまして、データはホストのディレクトリを使用するようにしています。
(ご利用の場合は必要に応じてデータコンテナを使用する等してください)

Dockerfile

Alpine Linux3.4ベースで作成しています。
https://github.com/takexi/KyotoTycoon/blob/master/Dockerfile

コンパイルを通すために1行ほどヘッダを弄っている箇所があります。
コンパイル時にwarningが結構でますが、特段問題ないと思われます。

使い方

Ex1:dockerで

docker build -t kyototycoon ./
docker run -v /var/ktserver:/var/ktserver -p 1978:1978 --name kt -d -t kyototycoon

Ex2:docker-composeで

kyototycoonディレクトリを作成して、その中にDockerfileを置いて以下ファイルを作成。

docker-compose.yml
kyototycoon:
    container_name: kyototycoon
    build: ./kyototycoon/
    ports:
      - "1978:1978"
    volumes:
      - /var/ktserver/:/var/ktserver/
    tty: true

その後docker-composeを実行。

docker-compose up -d --build