Mac / NetBeans で C/C++ TOPPERS/EV3RT の環境を構築する

  • 3
    いいね
  • 2
    コメント

今年「雪面のトビウオ」チームとしてプライマリクラスに初参加さていただきました。

初期にチーム内で共通で使うIDEとしてNetBeansを選定し、最後まで実装に使っていました。
開発機は、メインでは会社のWindowsノートを使っていたのですが、自宅のMacにも環境構築していたので、その際の手順を共有します。

基本的には Windows での EV3 + Netbeans の環境を構築手順を公開してくださっている以下のページを踏襲しており、内容もほぼ同じものになっています。
ここで御礼申し上げます。
http://naoblo.net/archives/261

環境の細かな違いとポイントがいくつかありますので、 そこを含めて記述して行きます。

最終的にビルドを確認した環境は以下の通りです。
* macOS 10.12.1
* NetBeans 8.1

基本的な環境を整える

http://dev.toppers.jp/trac_user/ev3pf/wiki/DevEnvMac

上記のページを参考に、gcc / mkimage / GNUツールチェーン / cfg をインストールしてください。
Mac で構築する際のポイントとして、この cfg のインストールを忘れがちなので気をつけましょう。
また、Windows と共通で開発するときは、Windows の cfg.exe と競合してしまうので、 cfg を .gitignore に登録していました。

NetBeans 環境の構築

NetBenas のインストール

https://netbeans.org/downloads/index.html
プラットフォームで Mac OS X を選択し、 C/C++ 向けのパッケージをダウンロード / インストールします。
スクリーンショット 2016-12-08 23.18.24.png

NetBeans ビルド環境の設定

メニューの [NetBeans] → [Preferences] → [C/C++] → [ビルド・ツール] でクロスコンパイラを設定します。
ここが一番ハマったのですが、ビルドを成功させるためにベース・ディレクトリにGNUツールチェーンのディレクトリの指定が必要です。

スクリーンショット 2016-12-08 23.13.50.png

プロジェクトの作成

  1. メニューの [ファイル] → [新規プロジェクト] → カテゴリ [C/C++]、プロジェクト[既存のソースを使用するC/C++プロジェクト]を選択し、次へ

  2. 次の通り設定して次へ
    A. [既存のソースフォルダ]をビルド対象のソースファイルが置いてあるフォルダに設定
    (例: /Users/username/Documents/dev/etrobo2016)
    B. ツールコレクションを、前の手順で作成した設定を使用するように設定する(例: GNU_1(GNU_MAC))
    C. [構成モード]をカスタムに設定する。
    スクリーンショット 2016-12-09 0.06.24.png

  3. 「事前ビルド・アクション」はデフォルトのままで次へ

  4. [作業ディレクトリ]を Makefile が配置されているディレクトリに
    (例: /Users/username/Documents/dev/etrobo2016/hrp2/sdk/workspace)
    ビルド・オプションを「${MAKE} -f Makefile mod=(モジュール名) PWD=(workspaceのパス) 」に設定し次へ。
    (例: ${MAKE} -f Makefile app=etrobo_tr_ex3 PWD=/Users/username/Documents/dev/etrobo2016/hrp2/sdk/workspace)
    スクリーンショット 2016-12-09 0.13.49.png

  5. 以降は変更なしで次へを押して行き、最後に終了をクリックします。

ビルドしてみる

メニュー[実行] → [プロジェクト(<プロジェクト名>)をビルド」で Make が走ります。

ビルドに失敗する場合は、Preferences のビルド・ツールの設定か、作成したプロジェクトを右クリック → プロパティで出てくる設定で、一般の「プロジェクトの場所」、ビルドの「ツール・コレクション」、makeの「作業ディレクトリ」「ビルド・コマンド」が設定した値になっているか確認してみてください。

最後に

環境構築はさくっと終わらせたいところですが、意外なところで時間がかかったりします。
今後、 Mac で環境構築する方の一助になれば幸いです。

わかりづらいところあるかと思います。気軽にコメントいただければと思います!

この投稿は ETロボコン Advent Calendar 201612日目の記事です。