[超簡単]LINE notify を使ってみる

  • 31
    いいね
  • 0
    コメント

LINE notify を使ってみる

概要

  • 簡単にトークルームにメッセージを送信できる
  • 特定のトークルームに一方的に通知するだけのシンプルな機能
  • 通知してくれるアカウント名などはカスタマイズできず、「LINE notify」で固定
  • シンプルで簡単!

手順

Lineのページで notify の登録

screenshot 4.png

「アクセストークン発行」をクリック

  • トークン名
    • メッセージの先頭に必ずつく文字です。(短い方が良いと思う)
  • 通知を送信するトークルームを選択してください
    • 通知先のルームです。

screenshot 3.png
screenshot 2.png

トークンをメモる

screenshot.png

[スマフォで作業] 設定したルームに「LINE notify」 を招待する

  • 通知してくれるbotくん(LINE notify)を設定したルームに招待してあげてください

S__3653648.jpg

1.POST する!

curl -X POST -H 'Authorization: Bearer ACCESS_TOKEN' -F "message=ABC" https://notify-api.line.me/api/notify

phpで書くとざっくりこんな感じ

<?php
define('LINE_API_URL'  ,"https://notify-api.line.me/api/notify");
define('LINE_API_TOKEN','トークン');

function post_message($message){

    $data = array(
                        "message" => $message
                     );
    $data = http_build_query($data, "", "&");

    $options = array(
        'http'=>array(
            'method'=>'POST',
            'header'=>"Authorization: Bearer " . LINE_API_TOKEN . "\r\n"
                      . "Content-Type: application/x-www-form-urlencoded\r\n"
                      . "Content-Length: ".strlen($data)  . "\r\n" ,
            'content' => $data
        )
    );
    $context = stream_context_create($options);
    $resultJson = file_get_contents(LINE_API_URL,FALSE,$context );
    $resutlArray = json_decode($resultJson,TRUE);
    if( $resutlArray['status'] != 200)  {
        return false;
    }
    return true;
}


post_message("テスト投稿");


後記

超簡単!