YumでリポジトリごとにProxyを有効/無効にする

  • 2
    いいね
  • 2
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

会社のネットワークから社外に出る場合にはProxyを経由するようになっているところが多いと思います。
Yumをつかうときも、基本的に社外のリポジトリを使うならば/etc/yum.confproxy=http://user@proxy-address:portなどと書いておけば問題ないのです。

ただ、何台もサーバーを作るとなったときに、いちいちProxyを経由していてはアレなので、ローカルにリポジトリを建てることにしました。
そのため、社内のリポジトリにはProxyを経由せず、社外のリポジトリにはProxyを経由して、という設定をする必要が出てきましたのでメモしておきます。

私のところの場合、リポジトリの数は社外が多いので、/etc/yum.confにProxyの設定を書いておき、社内リポジトリは個別にProxyを外す、というポリシーにしています。

具体的には/etc/yum.repos.d/のリポジトリ設定ファイルに次の一行を書くことで、Proxyを使わない設定が出来ます(これは不正解みたいです)。

proxy=http://

追記:正解は

proxy=_none_

だそうです。manpagesを読んでいませんでした。お恥ずかしい...
ご指摘ありがとうございます> iwaim@github さん

もっとスマートな方法がある、間違っている、などのコメントをお待ちしております。