OpenSSLコマンドの備忘録

  • 66
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

OpenSSLコマンドはいつも忘れてしまうので備忘に。

秘密鍵の作成

# 暗号化しない
openssl genrsa -out server.key 1024

# 3DESを使ってパスフレーズで暗号化する
openssl genrsa -aes128 -out server.key 1024

# 既にある秘密鍵の暗号化を解く (サービスを自動で起動する時などに必要。セキュリティーは落ちる)
openssl rsa -in server.key -out server.key

# 既にある秘密鍵を暗号化する
openssl rsa -aes128 -in server.key -out server.key

# 秘密鍵の中身をみる
openssl rsa -noout -text -in server.key

証明書署名要求(CSR)の作成

# 証明書署名要求(CSR)の作成
openssl req -new -days 365 -key server.key -out server.csr

# 秘密鍵作成とCSR作成を一度にする(秘密鍵を暗号化しない)
openssl req -nodes -new -keyout server.key -out server.csr -days 365

# 秘密鍵作成とCSR作成を一度にする(秘密鍵を暗号化する)
openssl req -new -keyout server.key -out server.csr -days 365

# CSRの内容を確認
openssl req -in newreq.pem -text

署名

# 自分の秘密鍵で自己署名した証明書を作成する
openssl x509 -in server.csr -out server.crt -req -signkey server.key -days 365

# 秘密鍵作成,CSR作成,自己署名を一度にする(秘密鍵を暗号化しない)
openssl req -x509 -nodes -new -keyout server.key -out server.crt -days 365

# 秘密鍵作成,CSR作成,自己署名を一度にする(秘密鍵を暗号化する)
openssl req -x509 -new -keyout server.key -out server.crt -days 365

失効処理

# 証明書の失効処理
openssl ca -revoke newcerts/01.pem

# CRLの生成
openssl ca -gencrl -out CA.crl

# CRLの内容を確認
openssl crl -in CA.crl -text

証明書の内容を確認する

# TEXT形式で表示
openssl x509 -in server.crt -text

# 証明書の使用目的を表示
openssl x509 -in server.crt -purpose

# ASN.1形式で表示
openssl asn1parse -in server.crt

# 証明書から公開鍵を取り出す
openssl x509 -in server.crt -pubkey -noout

形式の変換

# PKCS#12形式にする 秘密鍵と公開鍵をPKCS#12形式1ファイルにする
openssl pkcs12 -export -inkey server.key -in server.crt -out server.p12

# PKCS#12形式をpem形式に戻す
openssl pkcs12 -in server.p12 -out server.pem

# DER形式のファイルを作成
openssl x509 -inform pem -outform der -in server.crt -out cacert.der