iOS開発のenvironment(development, production)設定

  • 11
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

Webアプリケーションフレームワークにあるような環境ごとの設定ファイルを、iOS開発でどうすれば良いかわからなかったので、ググりながらまとめた。

やりたいこと

開発と本番の設定ファイルをわけたい。APIのURLやOAuthの情報など。

やったこと

Build Configuration作成

  • 開発用とAdHoc用のBuild Configuration作成する
    • 「Duplicate Debug Configuration」→「Dev-Debug」 とする
    • 「Duplicate Release Configuration」→「AdHoc」 とする

alt

Info.plist作成

  • Info.plistをコピペして、開発用のDev-Info.plist作成
  • 追加したDev-Debug、AdHocのInfo.plistをDev-Info.plistに変更する

alt

スキーム作成

  • デフォルトのスキームをDuplicateして作成

alt

  • Build Configuration を変更

    • 「Run」⇒「Dev-Debug」
    • 「Test」⇒「Dev-Debug」
    • 「Profile」⇒「AdHoc」
    • 「Analyze」⇒「Dev-Debug」
    • 「Archive」⇒「AdHoc」
  • スキームのSharedにチェック

alt

Provisioning Profile

  • AdHocにProvisioning Profile指定

alt

Pod install

新しいスキーム作成する前にpod installするとハマった

$ pod install

まとめ

  • 開発スキームで開発用アプリ、AdHocアプリを開発できる

alt

  • 本番アプリは、デフォルトのスキームでビルドする