gitプロトコルが使えない環境での、たった一つの重要な設定

  • 210
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

開発環境によっては、セキュリティー()を高めるために、利用可能なプロトコルがしぼられている場合があります。例えば、http/httpsは使えるけどgitプロトコルは使えないといった状況です。

ただし、イマドキのライブラリ管理系のツールを使うと、gitプロトコルを使ってgithubからcloneしたがるものが多く、当然ながらエラーになって困ります。

そんなとき、gitプロトコルでリクエストをする場合に、自動的にhttpsとして実行するように変更すると幸せになれます。

git config --global url."https://".insteadOf git://

JavaScriptのbowerやVimのNeoBundleとかで動作確認済みです。
お試しあれ。

参考
(http://stackoverflow.com/questions/4891527/git-protocol-blocked-by-company-how-can-i-get-around-that/10729634#10729634)