Emacsでお手軽にEPUBとかMarkdownの文書を読めるやつ

  • 19
    いいね
  • 4
    コメント

Emacsにはバージョン24からewwと呼ばれるWebブラウザ機能が同梱されるようになった。これを利用して、EPUBのような電子書籍フォーマットやdocx(Microsoft Word)のようなリッチテキスト、Markdownやorg-mode、Textile、などの軽量マークアップ言語などのいろんなアレをEmacsで読めるようにする。

つまり、「おめーREADMEファイルをreStructuredTextとかAsciiDocとかTextileとかよくわかんねーフォーマットで書いてんじゃねーよ読めねーだろ」ってときにも安心ですね☆

追記

@10sr さんの指摘通り、AsciiDocはinputには利用できませんでした。残念…

用意するもの

EWWとは何か

EWW(Emacs Web Wowser)は2014年にリリースされたEmacs 24.4から標準搭載されたテキストブラウザ。

概要や簡単な操作については @suzuki さんのEmacs 24.4 の新機能・内蔵ブラウザ eww.el を調べてみた - 雑文発散(2014-08-07)を参照。

どうやってインストールするの。

package.el - Emacs JPとか参考にして、MELPAパッケージを有効な状態にして、pandocパッケージをインストールする。パッケージ管理に馴れてない型はzonuexe/pandoc.elから直接ダウンロードしたり、init.elにコピペしても特に問題はない。

どうやって開くの

M-x pandoc-open-ewwで開ける。

あと、init.elに一行(pandoc-turn-on-advice-eww)って書いておくと、M-x eww-open-fileしたときに拡張子を自動判定して勝手に開くようになる。

実際どうなの

emacs-eww-pandoc-epub.gif

どの程度実用になると評価するかは、正直言ってひとによるだろう。が、すくなくともEmacsから離れずに本文を確認するプレビュー用途としては十分かと存じ上げる。

ただし、縦書きの文藝作品のEPUB、特にルビが振られた作品などは少々つらいので、満足のいく読書体験を得たければきちんとしたEPUBビューアーでレンダリングした方が良いかと思ふ。

おまけ

Antiwordを入れたら自動的に拡張子.docの古い形式のWordファイルを開くよ。Emacsから離れずに旧形式のWordファイルも読めるよ。(新形式の.docxファイルはPandocがサポート)