ゆるふわカワイイ*scratch*バッファ

  • 6
    いいね
  • 0
    コメント

みなさまEmacsを起動してる頃ですが.emacs Advent Calendar 2016です。

@kiwanamiさんがEmacsの起動画面のカスタマイズについてを書いてくださいましたが、私は*scratch*に拘ってます。

*scratch*バッファとは何か

Emacs起動時に最初から作られるバッファのひとつです。“scratch”は「書きなぐる」みたいな意味で、ファイルを作るまでもない適当な下書きみたいなのを利用します。

Emacsを起動したあとの*scratch*のようす

*scratch* バッファのようす

私はどうするか

こんな感じの函数を定義するじゃろ。

init.el
(defun my/insert-tetosan ()
  "Kimiwa jitsuni bakadana."
  (with-current-buffer "*scratch*"
    (goto-char (1- (point-max)))
    (insert "
;;        r /
;;   __ , --ヽ!-- .、_
;;  !  `/::::;::::ヽ l
;;  !二二!::/}::::丿ハニ|
;;  !ニニ.|:/ ノ/ }::::}コ
;;  L二lイ  0´ 0 ,':ノコ
;;  lヽノ/ヘ、 '' ▽_ノイ ソ
;;   ソ´ /}`ス / ̄ ̄ ̄ ̄/
;;    .(_:;つ/  0401 / カタカタ
;;   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/____/
")))

init-open-recentfを使ってる場合は、これをinit-open-recentf-before-hookに追加してやるだけで良いのでカンタン。

init.el
(add-hook 'init-open-recentf-before-hook #'my/insert-tetosan)
(init-open-recentf)

そんな怪しいもん入れたくねえよってひとも、これでいいんじゃないかと。

init.el
(advice-add 'command-line-1 :after #'my/insert-tetosan)

AAを選ぶ

やる夫AA録2には、けっこういろんなキャラクターのアスキーアートがございますので、小さいものを自分の環境でずれないように加工すれば良いんじゃないですかね。

この投稿は .emacs Advent Calendar 201616日目の記事です。