Visual Studio 2015 Community の日本語化

  • 35
    いいね
  • 2
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

以前の Express 版(日本語版)は最初から日本語が使えましたが、Community 版は英語版しかありませんね。
でも、Language Pack というのを入れれば日本語が使えるようになります。
ここからダウンロードできます。
Microsoft Visual Studio 2015 Language Pack

あるいは、"Microsoft Visual Studio 2015 Language Pack" でググってください。

LangPack2015.png

vs_langpack.exe というファイルがダウンロードできるので、実行するだけです。もし、Visual Studio が立ち上がっていたら閉じておいた方がいいかもしれません。

完了したら、Visual Studio 2015 を起動します。このときは、まだ英語版のままです。

メニューバーの Tool / Options で Options ダイアログを開き、International Settings を変更します。これは Visual Studio 2013 Community と同じですね。結局、違うのは Language Pack のダウンロード先だけということです。
Visual Studio 2013 Community の日本語化については、たくさん記事があるので適当なものをググってみてください。例えば、下のような記事とやり方は同じです。

Visual Studio Community 2013を日本語化する方法

*