Appium環境をOSXに構築する

  • 30
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

環境

ソフトウェア バージョン
OS X Mavericks 10.9.4
Appium 1.3.0
Homebrew 0.9.5
node.js 0.10.32

Appiumをインストールする前に

Homebrewをインストール

インストール
$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
$ brew -v
# Homebrew 0.9.5
パッケージツリーを更新
$ brew update

node.jsをインストール

既存のnode.jsをアンインストール

以下のコマンドに反応した場合は既にインストール済みなので、アンインストールしておく

インストール済みチェック
$ node -v
# v0.10.29
アンインストール
$ brew uninstall node

あわせて関連ファイルも削除
参考: https://gist.github.com/nicerobot/2697848

関連ファイルの削除
$ curl -ks https://gist.github.com/nicerobot/2697848/raw/uninstall-node.sh | bash

上記コマンドで削除できなかった場合は、直接ファイルを指定して削除する

関連ファイルの削除(手動)
$ rm -rf /usr/local/lib/node \
/usr/local/lib/node_modules \
/var/db/receipts/org.nodejs.*

インストール

インストールは以下のコマンドを実行

インストール
$ brew install node
$ node -v
# v0.10.32

Appiumの環境を構築する

Appiumをインストール

すでにインストール済みの場合はアンインストールしておく

アンインストール
$ appium -v
# 1.2.4
$ npm uninstall -g appium

インストールは以下のコマンドを実行

インストール
$ npm install -g appium
$ appium -v
# 1.3.0

Appiumの実行環境をチェック

appium-doctorを使用して、Appiumの実行環境をチェックする

$ appium-doctor

出力されるメッセージに合わせて環境を整える
最終的に以下のログが表示されればAppiumの環境構築はすべて完了

Running iOS Checks
✔ Xcode is installed at /Applications/Xcode.app/Contents/Developer
✔ Xcode Command Line Tools are installed.
✔ DevToolsSecurity is enabled.
✔ The Authorization DB is set up properly.
✔ Node binary found at /usr/local/bin/node
✔ iOS Checks were successful.

Running Android Checks
✔ ANDROID_HOME is set to "/Applications/android-sdk-macosx"
✔ JAVA_HOME is set to "/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_60.jdk/Contents/Home."
✔ ADB exists at /Applications/android-sdk-macosx/platform-tools/adb
✔ Android exists at /Applications/android-sdk-macosx/tools/android
✔ Emulator exists at /Applications/android-sdk-macosx/tools/emulator
✔ Android Checks were successful.

✔ All Checks were successful