Rails Girls NAGOYA 3rdのオーガナイザーをやった

  • 5
    いいね
  • 0
    コメント

Rails Girls Japan Advent Calendar 2016 の7日目の記事です。
前の記事は 5日目:spring_aki さんのみんなで記者会見(自己紹介ワークショップ)でした。

こんばんは!

初めてQiitaに投稿するのに何がいいかな…と考えて、
もう1ヶ月以上も前の話になってしまいますが、Rails Girls NAGOYA 3rdのオーガナイザーをやって思ったことを書こうと思います。

と、その前に

少し自己紹介ときっかけ。
普段は普通の会社員として、暮らしています。事務職です。
仕事ではエクセルを使う業務が大半で、VBAでバンバン何か作るとかもあまりしていないです。
(自分で完結する業務に少しVBAを組込むとか、ほんとにそれぐらいです。)

私が、初めてRails Girls のことを知ったのは、2日に投稿されているkatorieさんのツイートとブログがきっかけでした。
その時は「さすが東京!いろんなイベントがあるんだな〜」と眺めていたのですが、その次の年に入って、なんと名古屋での開催がシャウトされたのです。
すぐに申し込み、参加、その後のmore!にも参加し、あれれ?と言う間に3rdのオーガナイザーをyadaitaさんと一緒にやることを決めました。

私は他のオーガナイザーさんたちに比べると、「え、なんでやってるんですか?」と言われそうなぐらい、RubyのこともRailsのこともわかっていないのですが。

そんな私だから思う、Rails Girls のすごさ

1.Rubyist のみなさんがほんとにすごい(ざっくり)
ざっくりしすぎていてごめんなさい。でもほんとにすごいんです。知識はもちろんのこと、そのフットワークの軽さ、誰かが「私もやりたい!」と声をあげれば「コーチにいくよ!」とすぐ言ってもらえる。本当に熱心に親切に親身になって教えてくれる。
こんな素敵な人たちがたくさんいるコミュニティを私は他に知りません。yadaitaさんとよく話しているのですが、全国各地のコーチのみなさんに力になっていただいているので、どこにも足を向けて寝られない!

2.なんだか居心地がいい
1st参加後の私は、がっつりプログラミングをしているわけではないのですが、moreに参加しています。もちろん、作りたいものがあれば全力で一緒にやってもらったり、自分の仕事のこと(エクセル)の相談にのってもらったり。
会社と自宅以外に、もう1つの場所ができたようですごく嬉しかったです。家族、友人、会社以外の世界で、未経験者の私も受け入れてくれる。そんなRubyistのみなさんが(1に戻る)。感謝以外の言葉がありません。

3.どんどん広がっていく!
最初、girlsで参加した方がコーチ/オーガナイザーになったり、「地元でも開催したい!」と参加されるgirlsの多さ!そしてその輪がどんどんどんどん広がっていく…こんな場所や人たちが集まっているところを私は他に知りません。(2回目!)
______________________________________

イベントを終えて、改めてコーチ、スタッフ、スポンサーの皆様への感謝と、
4回目5回目と名古屋でのイベントが続くように、私ももっとがんばらなくては。と気持ちを新たにしました。

以上、技術的な話は何もありませんが、私のRails Girls Japan Advent Calendar 2016とさせていただきます。

この投稿は Rails Girls Japan Advent Calendar 20167日目の記事です。