Windowsでnode.jsをバージョン管理する

  • 75
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

2015/12/7現在 nodistはどうやらバージョンアップでインストーラーが出たようです。
nodist0.7以降のバージョンでは以下のめんどい操作は必要ありません。
が、悔しいので一応残しておきます。

Windowsからnode.jsを使いたい

Windowsでnode.jsをインストールするのはnode.js公式サイト(英語)からが一番手軽。
ただし、node.jsはアップデートが非常に早いとの噂。その度に公式サイトからインストールしていたら面倒です。
そこで、できるだけ簡単にアップデートに対応できるようにnode.jsのバージョン管理が可能な
nodistというツールを使ってインストールしてみます。

ちなみにmacの場合ですと、nodebrewを使うのが一般的?ですが、今回は割愛させていただきます。

nodistのインストール

1. gitをインストールし、git bashを実行

gitのインストールは公式サイトからどうぞ。
インストール完了後、git bash(以降bashと表記)を実行します。

2. 任意の場所に移動し、nodistをgit cloneします

$ cd Documents
$ git clone git://github.com/marcelklehr/nodist.git

今回は管理者ではなく、標準ユーザーで行います。
ユーザーライブラリのマイドキュメントにインストールするものとします。

3.環境変数の設定

以上だけではnodistはまだ使えません。

コントロールパネル>システムとセキュリティ>システム>システムの詳細設定より
システムのプロパティ
を開きます。

tutorial-1.png

環境変数をクリックします。

tutorial-2.png

恥ずかしいので大事なところは隠しています。
[ユーザー名]のユーザー環境変数の下の新規をクリックし、新規をクリックします。
以下の3つの変数を追加します。

  • 変数名:NODIST_PREFIX、変数値:C:\Users\[ユーザー名]\Documents\nodist
  • 変数名:PATH、変数値:%NODIST_PREFIX%\bin
  • 変数名:NODE_PATH、変数値:%PATH%\node_modules

Windowsが64bitの場合は以下も追加します。
* 変数名:NODIST_X64、変数値:1

bash上でnodist -vを入力、実行します。

$ nodist -v
0.6.1

バージョンが表示されればnodistのインストールは成功です。

node.jsをインストール

コマンドプロンプトを開き、nodist selfupdateを入力、実行します。
すると、node.jsのStableの最新バージョンがインストールされます。
その他、依存関係とかを諸々解決してくれるらしいです。npmで色々インストールされました。

cmd
$ nodist selfupdate

以上のコマンドは何故かgit bash上では動作しませんでした。
理由は不明。教えてエロい人。

自分は最新バージョンなんぞいらん!!

という方は以下の方法でちょっと前のバージョンもインストールできます。
必要なバージョンを複数インストールして切り替えることも。

bash上でnodist distを実行すると、インストール可能なバージョンが表示されます。

$ nodist dist
nodev0.5.1
...
nodev0.12.7

nodist add [バージョン名]を入力、実行します。

$ nodist add nodev0.12.7

今回はv0.12.7をインストールします。
最新版のバージョンが知りたいときはnodist latestと入力、実行します。

以下のように入力、実行でnode.jsのバージョンが正常に表示されれば成功です。

$ nodist nodev0.12.7
nodev0.12.7
$ node -v
v0.12.7

v4.0.0に戻したい場合は

$ nodist nodev4.0.0
nodev4.0.0
$ node -v
v4.0.0

node.jsのインストールは以上で完了です。

bashを閉じると、上記のコマンドをまた入力しないといけないので、ホームディレクトリに.bash_profileを作成、以下を追記します。

.bash_profile
nodist nodev4.0.0

npmのバージョン

nodistでインストールするとnpmは固定で1.4.6が入っています。
そこで、以下のコマンドを入力、実行。

$ cd nodist\bin
$ npm install npm

こうすると、npmが最新バージョンになります。

以上で、node.jsのバージョン管理が可能になりました。

参考URL