redashでAWS Athena使おうとしたら、DataSourceに出てこなくてはまったので解決策

  • 8
    いいね
  • 0
    コメント

redashでAWS Athena使おうとしたら、はまったので解決策

使うぞって思ってたら、
Data SourceのType欄に出てこなかったので
解決策を記載しておきます:smiley:

※すべて2017/5/18現在の事象です

場面

今回は以下の場面です

  • AWSのEC2のAMIを利用
  • ソースをダウンロードしてインストール

Hostedでは、問題なく選択できました

redashのインストール

redashのインストール方法を記載しておきます

パターン1. AWS EC2でredashのAMIを利用する

  • EC2インスタンス作成時に、redashで提供されているAMIを選択する

Setting up a Redash Instance

※現時点(2017/5/18)では、1.0.1+b2833 がインストールされます

パターン2. ソースを持ってきてインストールする

  • EC2インスタンス作成時に、OSは、ubuntuを選択
  • 以下を実行

ソースゲット

cd /usr/local/src/

wget https://raw.githubusercontent.com/getredash/redash/master/setup/ubuntu/bootstrap.sh

スクリプト実行

sh bootstrap.sh

アップグレード

cd /opt/redash/current
sudo bin/upgrade

確認

ls -l /opt/redash/

※現時点(2017/5/18)では、1.0.3.b2850 にアップグレードされます

本題のAWS Athenaへの接続

現象

上記2つの方法で設定すると以下の画像のように
AWS Athenaが出てきません:cry:


redash01.png


調査

/opt/redash/redash.1.0.3.b2850/redash/query_runner/athena.py

ファイルあるしなぁと調査したり

解決策

公式のサーポートに書いてました:joy:

Support for AWS Athena

方法

/opt/redash/.env

に以下を追加

export REDASH_ADDITIONAL_QUERY_RUNNERS="redash.query_runner.athena"

再起動して、反映

/etc/init.d/supervisor reload

するとredash02.png

出てきました!:tiger::tiger::tiger:

あとは、
AWS AthenaへのKey等を設定してください~

※注意※

redashのバージョンが、0.12以下の場合はエラーになるので注意!