raspbian 2016-11-25 をインストールしてssh接続まで

  • 5
    いいね
  • 1
    コメント

以前のバージョンでもインストールしているので、今回はディスプレイ、キーボードなしでセットアップに挑戦してみた。
以前と基本的に変わらない部分は省略してます。

raspbian 2016-11-25をダウンロードしてmicroSDに書き込む

起動時にsshが有効になるようにする

2016-11-25版からsshがデフォルトで無効になりました。

  • raspbian起動時にsshを有効にしておくため書き込んだmicroSDの最上位(/boot)にsshという名前の空ファイルを作成しておきます。
  • Bonjourというソフトが必要なため、iTunesをインストールするか、windowsの場合はBonjour Print Services (Windows)をインストールしておきます。

raspberrypiの起動と接続確認

  • raspberrypiに先ほど作成したmicroSDを挿入する。
  • LANケーブルでraspberrypiとPCを直結する。
  • raspberrypi.localにsshで接続できることを確認する。
    $ ssh pi@raspberrypi.local

WiFi設定

  • 下記コマンドを[SSID] [password]を書き換えて実行する。
    $ sudo sh -c 'wpa_passphrase [SSID] [password] >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf'
  • [password]の内容も/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confに書き込まれてしまうため消しておくこと。
  • reboot後WiFiが繋がっているか確認する。

余談

  • raspbian 2016-09-23からrealvncがプリインストールされ、デスクトップで操作したい場合は、realvncで繋げば操作可能になったので、軽く使う分には、もうraspberrypi用のディスプレイやキーボードは不要になる?