RDSのスロークエリログをmysqldumpslowに突っ込む

  • 1
    いいね
  • 0
    コメント

JSON形式で取得されるRDS(MySQL)のスロークエリログをcatして絶望したときに、心を落ち着けてmysqldumpslowに突っ込めるようにします。

用意するもの

  • awscli
  • jq
  • mysqldumpslow 1

スロークエリログのダウンロード

スロークエリログのリストを取得

$ aws rds describe-db-log-files \
  --db-instance-identifier hoge-instance \
  | jq '.DescribeDBLogFiles[].LogFileName' -r  \
  | grep slow
slowquery/mysql-slowquery.log
slowquery/mysql-slowquery.log.0
...

スロークエリログのダウンロード

describe-db-log-files取得されたファイル名には/が含まれていて邪魔なので、ファイルに保存するときに取っています。

for log in $(cat slowlog-list.txt); do \
  aws rds download-db-log-file-portion \
  --db-instance-identifier hoge-instance \
  --log-file-name $log \
  > $(echo $log | cut -d / -f 2); done

スロークエリログの読み込み

取得されたスロークエリログの中身はJSONデータの奥に格納されたテキスト文字列なので、jqで抽出してからmysqldumpslowに食わせます。

$ cat mysql-slowquery.log \
  | jq -rs .[].LogFileData \
  | mysqldumpslow -
# 遅い順にソートされたクエリたち...

  1. Ubuntuではmysql-clientをインストールするとついてきます。