JavaCCをインストールしてみました

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

はじめに

JavaCCのインストール作業について少し書きます。使用したOSはOSX 10.9です。

Download

こちらから圧縮ファイルをダウンロードします。

Install

インストールの流れは次のようになります。

  • コマンドラインの実行
  • スクリプトファイル(/usr/local/javacc/bin/javacc)の編集

順番に見ていきます。
まずはコマンドラインです。

$ unzip javacc-6.0.zip
$ mkdir /usr/local/javacc/lib
$ cp ./javacc-6.0/bin/lib/javacc.jar /usr/local/javacc/lib/
$ mkdir /usr/local/javacc/bin
$ touch /usr/local/javacc/bin/javacc
$ chmod u+x /usr/local/javacc/bin/javacc
$ ln -s /usr/local/javacc/bin/javacc /usr/local/bin/javacc

次にスクリプトファイル(/usr/local/javacc/bin/javacc)です。

#!/bin/bash
# javacc

cmd_path="$(readlink -n $0)"
javacc_root="$(dirname "$(dirname "$cmd_path")")"

CLASSPATH="$javacc_root/lib/javacc.jar"
export CLASSPATH

java javacc "$@"

使い方

使い方は「ふつうのコンパイラをつくろう」に詳しく記載されています。私は「ふつうのコンパイラをつくろう」を参照しました。こちらにも使い方が記載されているようです。こちらはインターネットで閲覧できます。