JetBrainsのIDE(WebStormとか)でnpmの代わりにYarnを使う

  • 7
    いいね
  • 0
    コメント

JetBrainsのIDEには登録したタスクをボタン一つで実行する機能があるのですが、
ここでnpmの代わりにYarnを使うよう設定できるようになった(2016.3)らしいので、使ってみることにしました。
スクリーンショット 2016-12-08 15.12.59.png
(参考画像)

macOS上でしか確認していないので、ご了承ください。

Yarnをプロジェクトにインストールする

npm install yarn --save-dev

Preferencesを開いてYarnを指定する

[Preferences] => [Node.js and NPM]と進んで、[Node interpreter:]の右側にあるボタンをクリックします。
スクリーンショット_2016-12-08_15_18_43.png

すると、インストールしたyarnが選択できるようになっています。
スクリーンショット_2016-12-08_15_19_01.png

Homebrewで入れたYarnを使いたい場合

現時点(2016/12/8)のバージョン2016.3.1では自動で見つけてくれないので、自分でパスを指定する必要があります。
Yarn公式が推奨するのがbrewからのインストールと言うこともあり、この件についてはJetBrainsのissueにも上がっています。

https://youtrack.jetbrains.com/issue/WEB-24200

As a workaround, you can specify manually /usr/local/Cellar/yarn/0.17.0/libexec/lib/node_modules/yarn .
These paths will be auto-detected in the WS 2016.3.2
Please note that /usr/local/Cellar/yarn/0.17.0 is not a valid npm package, thus it won't be accepted to avoid possible confusion.

と言う事なので、自分で/usr/local/Cellar/yarn/{バージョン}/libexec/lib/node_modules/yarnを探して指定しましょう。
(/usr/local/bin/yarnでは、そんなディレクトリは無いと言われてダメでした…。)

上記リンクによると、すでに修正は完了しており、次のバージョン(2016.3.2)では自動で見つけてくれるようになるそうです。