地震や火事など緊急時に使うgit-fireのススメ

  • 195
    いいね
  • 3
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

68747470733a2f2f692e696d6775722e636f6d2f33504f747665432e6a7067.jpeg

全国のGit使いの皆様はこんなことを考えたことはありませんでしょうか?

「もし今火事や地震が起こった時にすぐ作業中のものを何とかできるだろうか・・・?」と。

そんな時にはこれ、

git-fire

使い方

使い方は簡単。

まずはgit-fireをインストール

$ npm -g install git-fire

そして、緊急時には次のコマンドを打ちましょう。

$ git-fire "やばい"

Switched to a new branch 'fire-master-[メールアドレス]-1444060029'
[fire-master-[メールアドレス]-1444060029 bc88227] @a
 1 file changed, 13 insertions(+)
 create mode 100644 index.html
Counting objects: 3, done.
Delta compression using up to 4 threads.
Compressing objects: 100% (3/3), done.
Writing objects: 100% (3/3), 384 bytes | 0 bytes/s, done.
Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To git@github.com:syossan27/test-fire.git
 * [new branch]      fire-master-[メールアドレス]-1444060029 -> fire-master-[メールアドレス]-1444060029
Branch fire-master-[メールアドレス]-1444060029 set up to track remote branch fire-master-[メールアドレス]-1444060029 from origin.


Leave building!

すると、

スクリーンショット_2015-10-06_0_51_18.png

新しいブランチが生成されて、作業中の内容が反映されました。

これで緊急時にも安心ですね!