Laravel Homesteadを使ってみよう!

  • 73
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

LaravelにはLaravel Homesteadというvagrantを使った開発環境作成のサポートがあります。

これを使ってサクッと開発環境を作りましょう!

※環境としてはMacを使っているものとして進めていきますのでご注意を!

事前準備

まずは、日本語で翻訳されたLaravel Homesteadのページを見てみましょー

http://laravel4.kore1server.com/docs/42/homestead

基本的にはこのページ通りに沿って進めていきます。

書いてないこととして事前にローカルのプロジェクトのapp/storageをchmod -R 777しといてください!

vagrantとvirtualboxのインストール

vagrantは公式からパッケージをゲットしてきてインストールしましょー!
http://www.vagrantup.com/

virtualboxも同じく!
https://www.virtualbox.org/

ここではあまり特別なことはしません。

Vagrant Boxの作成などなど

インストールできましたら、Laravel Homesteadのページを頼りにドンドコドンドコ進めていきましょー

vagrant box add laravel/homestead
git clone https://github.com/laravel/homestead.git Homestead

設定について

設定についてもLaravel Homesteadのページに書いてありますが、一応細かく書いていきますー

cd Homestead
vim Homestead.yaml

で、Homestead.yamlの中を以下のように設定
※デフォルトのままでよい部分は省きます

authorize: (公開鍵の場所)

keys:
     - (秘密鍵の場所)

folders:
     - map: (Laravelのプロジェクトの場所:例,/var/www/laravel)
        to: /home/vagrant/Code

sites:
     - map: homestead.app
        to: /home/vagrant/Code/(publicディレクトリの場所:例,laravel/public) 

あとは/etc/hostsに以下を追加

127.0.0.1 homestead.app

で、変更後にvagrant upしましょー!

MySQLの設定

この仮想環境のMySQLはユーザにhomesteadが設定されています。

もし既にプロジェクトのdatabase.phpでユーザ名やパスワードを設定していて、
仮想環境のために設定を変更したくない!って場合は、
vagrant up後にvagrant sshで仮想環境にログインし、以下を実行して下さいー

mysql -u root -psecret
GRANT ALL ON *.* TO 追加したいユーザ名@localhost IDENTIFIED BY 'パスワード';
FLUSH PRIVILEGES;

あとは http://homestead.app:8000 にアクセスして画面が表示されれば完了です!