MITライセンスのソースコードをGithubにあげるまで

  • 90
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

完全に個人用メモ感ありますが、参考になればと思いますm__m

やること

  • MITライセンスの原文を取得
  • README.mdに記載する
  • ソースコードの冒頭にMITライセンス表記をする
  • Githubにあげる

MITライセンスの原文を取得

http://opensource.org/licenses/mit-license.php

ここにMITライセンスの原文があるので、テキスト部分をコピーしてLICENSE.txtと名付けて、ファイル化します。
Copyright (c) [year] [fullname]
上記の[*]を書き換えます。
例:Copyright (c) 2015 bpyamasinn

※1 Githubでリポジトリを作成する際に、LICENSEを選ぶセレクトボックスがありますので、そこで作成した際は上記の対応は必要ありません。

※2 MITライセンスの日本語訳
http://sourceforge.jp/projects/opensource/wiki/licenses%2FMIT_license

README.mdに記載する

README.mdの文末に

## License
MIT

を追記。

ソースコードの冒頭にMITライセンス表記をする

MITライセンスにしたい部分のソースコードの冒頭にMITライセンス表記します。
例ではSwiftで記載していますが、どの言語でも変わらないと思います。

swift
/*
The MIT License (MIT)

Copyright (c) 2015 bpyamasinn.

Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy
of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal
in the Software without restriction, including without limitation the rights
to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell
copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is
furnished to do so, subject to the following conditions:

The above copyright notice and this permission notice shall be included in
all copies or substantial portions of the Software.

THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR
IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY,
FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE
AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER
LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM,
OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN
THE SOFTWARE.
*/

import UIKit
public class ViewController: UIView {
}

Githubにあげる

README.mdとLISENCE.txtをプロジェクトのトップにおいて、
Pushすれば、githubで反映されます。