[MySQL][MariaDB] DBのレプリケーション構築手順

  • 16
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

前提

  • 単体のサーバーでDBが動いている状態から説明を進めます

マスターの操作

マスターの設定

レプリケーション用のユーザーを作成します

  • レプリケーションをユーザー"repl"で実行します
  • レプリケーションを192.168.0.0のネットワークから許可します
  • レプリケーションのパスワードを"password"にします

MariaDB [(none)]> GRANT REPLICATION SLAVE ON *.* TO 'repl'@'192.168.0.0/255.255.255.0' IDENTIFIED BY 'password';

my.cnfに以下の設定を追加します


log-bin=mysql-bin
server-id=1
expire_logs_days=5
  • log-bin でレプリケーションに必要なバイナリログを有効にします
  • server-id はレプリケーションを構成するサーバー内で被らないように割り振ります
  • expire_logs_days はバイナリログの保存日数です。レプリケーションに間が空いた時に復旧できるようにする期間を指定します

マスターのダンプ

  1. rootユーザーでDBにアクセスします
    
    $ mysql -u root -p
    Enter password:
    Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
    Your MariaDB connection id is 34
    
  2. 読み書きロックを行います
    
    MariaDB [(none)]> FLUSH TABLES WITH READ LOCK;
    Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
    
  3. バイナリログのFileとPositionを確認します
    
    MariaDB [(none)]> SHOW MASTER STATUS;
    +------------------+----------+--------------+------------------+
    | File             | Position | Binlog_Do_DB | Binlog_Ignore_DB |
    +------------------+----------+--------------+------------------+
    | mysql-bin.000183 |    32579 |              |                  |
    +------------------+----------+--------------+------------------+
    1 row in set (0.00 sec)
    
  4. mysqldump でマスターのDBをファイルに書き出します
    
    $ mysqldump -u root -p --all-databases --lock-all-tables > /tmp/dbdump.db
    Enter password:
    
  5. 読み書きロックを解除します
    
    MariaDB [(none)]> UNLOCK TABLES;
    

スレーブの構築

DBの復元

  1. mysql_install_db を実行します
    
    # mysql_install_db --user=mysql
    
  2. my.cnf に以下の設定を追加します
    
    server-id=2
    read_only
    
    ・ server-idはMySQLのホストを区別するための番号です。複数のスレーブを設置する場合、被らないように別々の数字を割り当ててください
    ・ read_onlyはデーターベースを読み込み専用にするためのオプションです。スレーブに誤って更新クエリを行ってしまうとレプリケーションが止まってしまうため、それを防止する目的で設定します
  3. mysqldを起動します
    
    # mysqld_safe &
    
  4. マスターで書き出したデーターを復元します
    
    # mysql --user=root < /tmp/dbdump.db
    
  5. rootのパスワードを変更します
    
    # mysqladmin -u root password 'password'
    

スレーブの設定

  1. マスターのホスト、レプリケーションのユーザー、パスワード、マスターのダンプ手順で確認したバイナリログのFileとPositionを設定します
    
    MariaDB [(none)]> CHANGE MASTER TO MASTER_HOST='192.168.0.241', MASTER_PORT=3306, MASTER_USER='repl', MASTER_PASSWORD='password', MASTER_LOG_FILE='mysql-bin.000183', MASTER_LOG_POS=32579;
    Query OK, 0 rows affected (0.25 sec)
    
  2. スレーブをSTARTします
    
    MariaDB [(none)]> START SLAVE;
    Query OK, 0 rows affected, 1 warning (0.01 sec)
    

※ MySQLのバージョンが5.6以上になると、CHANGE MASTER クエリで MASTER_PASSWORD を指定するとwarningが出るそうです

以下のようにSTART SLAVEクエリでレプリケーションのユーザーとパスワードを指定するようにします。


mysql56> CHANGE MASTER TO MASTER_HOST='192.168.0.241', MASTER_PORT=3306, MASTER_LOG_FILE='mysql-bin.000183', MASTER_LOG_POS=32579;
Query OK, 0 rows affected (0.04 sec)

mysql56> START SLAVE USER='repl' PASSWORD='password';
Query OK, 0 rows affected, 1 warning (0.01 sec)

状態の確認

レプリケーションが稼働していることを確認する方法を記します

  1. マスターで"SHOW MASTER STATUS"クエリを実行し、
    バイナリログのFileとPositionを確認します

    
    MariaDB [mysql]> SHOW MASTER STATUS;
    +------------------+----------+--------------+------------------+
    | File             | Position | Binlog_Do_DB | Binlog_Ignore_DB |
    +------------------+----------+--------------+------------------+
    | mysql-bin.000187 |    45208 |              |                  |
    +------------------+----------+--------------+------------------+
    1 row in set (0.00 sec)
    
  2. スレーブで"SHOW SLAVE STATUS"クエリを実行し、以下のことを確認します。

  • Slave_IO_RunningとSlave_SQL_RunningがYesになっていること
  • Master_Log_File と Read_Master_Log_Pos がマスターで確認したFile、Positionと一致していること

MariaDB [(none)]> SHOW SLAVE STATUS\G
*************************** 1. row ***************************
               Slave_IO_State: Waiting for master to send event
                  Master_Host: 192.168.0.241
                  Master_User: repl
                  Master_Port: 3306
                Connect_Retry: 60
              Master_Log_File: mysql-bin.000187
          Read_Master_Log_Pos: 45208
               Relay_Log_File: mysql-slave-relay-bin.000006
                Relay_Log_Pos: 45495
        Relay_Master_Log_File: mysql-bin.000187
             Slave_IO_Running: Yes
            Slave_SQL_Running: Yes
              Replicate_Do_DB:
          Replicate_Ignore_DB:
           Replicate_Do_Table:
       Replicate_Ignore_Table:
      Replicate_Wild_Do_Table:
  Replicate_Wild_Ignore_Table:
                   Last_Errno: 0
                   Last_Error:
                 Skip_Counter: 0
          Exec_Master_Log_Pos: 45208
              Relay_Log_Space: 46163
              Until_Condition: None
               Until_Log_File:
                Until_Log_Pos: 0
           Master_SSL_Allowed: No
           Master_SSL_CA_File:
           Master_SSL_CA_Path:
              Master_SSL_Cert:
            Master_SSL_Cipher:
               Master_SSL_Key:
        Seconds_Behind_Master: 0
Master_SSL_Verify_Server_Cert: No
                Last_IO_Errno: 0
                Last_IO_Error:
               Last_SQL_Errno: 0
               Last_SQL_Error:
  Replicate_Ignore_Server_Ids:
             Master_Server_Id: 1
               Master_SSL_Crl:
           Master_SSL_Crlpath:
                   Using_Gtid: No
                  Gtid_IO_Pos:
1 row in set (0.00 sec)

※ 表示が横に長くなるので"\G"を末尾につけてます