Yosemiteでbrewが壊れた

  • 70
    いいね
  • 2
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Yosemiteに上げたらbrewがこんなエラー吐くようになりました。

/usr/local/bin/brew: /usr/local/Library/brew.rb: /System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/1.8/usr/bin/ruby: bad interpreter: No such file or directory
/usr/local/bin/brew: line 23: /usr/local/Library/brew.rb: Undefined error: 0

どうやらYosemiteからrubyの1.8が消え去った模様で、下記のようにbrewの実行ファイルにあるrubyへのパスを1.8からcurrent変更してあげるといいみたいですね。

/usr/local/Library/brew.rb(変更前)
#!/System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/1.8/usr/bin/ruby -W0
...
/usr/local/Library/brew.rb(変更後)
#!/System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/current/usr/bin/ruby -W0
...

参考:http://stackoverflow.com/questions/24225959/how-to-get-ruby-homebrew-rvm-to-work-on-yosemite

追記 - brew updateできない

brewのupdateをしようとしたら上記編集したせいでupdateの途中で行われるリモートとのマージが出来ないと怒られたので、変更分をコミットする必要があるみたいです。

cd $(brew –repository)
git add .
git commit -m 'some comment' 
brew update

解決!