VirtualBox + CentOS6.5 で接続確認するまで

  • 0
    いいね
  • 0
    コメント
    この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

    CentOS6.5 Minimal

    http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6.5/isos/x86_64/CentOS-6.5-x86_64-minimal.iso

    VirtualBox上で新規マシンを構築

    適当な名前でマシンを作る。
    ネットワーク設定でアダプター2を追加してホストオンリーアダプタに設定。
    メモリは512MBだとGUIインストールができないので1024MBとかに上げておく。
    IDEにisoを設定。

    仮想マシンを起動してセッティング

    ディスクチェックは時間がかかるのでスキップ。
    言語は日本語。
    キーボード日本語(jp106)。
    基本ストレージデバイス。
    データは破棄してかまわない。
    ネットワークは自動接続チェック入れる。
    タイムゾーンはAsia/Tokyo。
    rootパス設定。
    ディスクは全ての領域を使用する。(仮想環境で違いが出るのか謎)
    再起動。

    接続確認

    ホストからssh root@192.168.56.101とかで接続。
    繋がらなかったらゲスト側でifconfigとかしてがんばる。
    ping example.comとかで外側接続の確認。