ISUCON6に参加した話

  • 1
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

isuconとは

お題として与えられたwebアプリケーションをいい感じにチューニングする大会のこと。
1チーム2人から3人で出場できる。

勉強したこと

自分はプログラミングメインで担当だったので、
・実装する言語(ruby)の勉強
・gemやsinatraについて調べる
などをしてました。
あと、大会当日の使用するAzuruでの練習もしておいた。

予選当日

一番の難関の大会までに起きることには成功した。
さぁ、大会本場です。

予選

10:00

インスタンスを起動させてとりあえず待機。
朝食とか食べながら概要や大会のルール等の確認をしてた。

10:45

とりあえず初期実装でベンチを回す。
スコアは結構いい感じ。

スクリーンショット 2016-09-18 10.56.11(2).png

(もしかしたらもしかして本戦いけるんじゃね?)
とか甘いことを思い始める。

11:30

実装言語の変更の仕方がわからず発狂。
他のチームメンバが調整したのに合わせてベンチを回す。

12:00

実装の変更がようやくできて喜びながらベンチを回すが、
スコアが0点に焦る。
そんでもって、結局初期実装に戻す。

1:30

落ち着いてうどんを食べに行く。

2:00

とりあえずrubyのソースを見る。
しかし読めない。

5:00

相変わらず読めない。
神に祈りを捧げたりしながらベンチをひたすら回す。
これが大会終了まで続く。

大会終了

最終スコアは4100点くらいになりました。

反省

自分の反省点としては
・rubyを読書き馴れていなかった
・mysqlが全くと言ってわからない
圧倒的勉強・知識不足
でした。
あと、今回の大会ではベンチの仕様の関係で以前までと比べて、rubyで実装は難しかったみたいです。

まとめ

初参戦でしたがなかなか面白い大会だなぁ、と思いました。
ただ、自分の実力がまだまだだったので、もっとできるようになって楽しみたいと思いました。
当分の目標は改めてチームメンバーでrubyとmysqlの勉強、今回はほとんど任せっきりだったサーバー側の知識をつけたいと思います。