フロントエンドエンジニアの価値を高めるBaaS(vte.cx)

  • 12
    いいね
  • 0
    コメント

フロントエンドエンジニアの皆さん、こんにちは。

フロントエンドの開発って楽しいですよね?
サーバサイドの開発はできるならやりたくない。そう思いますよね?

今日は、そんな方にうってつけなBaaSを紹介したいと思います。

フロントエンドエンジニアのためのBaaS、vte.cx

サーバの導入・設定、テーブルの設計、O/Rマッピング等の構築などなど、サーバサイドはとにかくやることがいっぱいで大変です。

このようなサーバサイドの作業を一切なくして、HTML、CSS、JavaScriptなどのフロントエンドコーディングだけでWebシステムを作れないものでしょうか?

そうすれば、フロントエンジニアだけでWeb開発できるようになり、開発者はUI/UXなどクリエイティビティな作業に集中できるようになります。

というわけで、私たちはサーバサイドのAPIもフロントエンジニアが自由に作れるようなBaaSをリリースしました。

それが、vte.cxです。

vte.cxの特長

vte.cxは、これまでありがちな「バックエンドAPIを提供することだけに特化している」BaaSではなく、「バックエンドAPIもフロントエンドエンジニアが実装する」という新しい概念で設計されています。
つまり、「バックエンドAPIを提供する」ための基盤を提供するのがvte.cxの役目で、あるのはRESTの規約だけです。
BaaSが提供するWebAPIやクライアントライブラリに縛られない、極めて自由度が高いのがvte.cxの特長です。

また、独自のAPIやSDKライブラリを提供しないため、JavaScriptのエコシステム(npm等)と極めて親和性が高いものになっています。
vte.cxを使ってもロックインされることはないので、安心して使っていけます。

さらに、サーバサイドJavaScript機能によってビジネスロジックも実装できます。
サーバの導入・設定、テーブルの設計、O/Rマッピング等の構築は一切必要ありません。

vte.cxはパフォーマンスに優れ、実績も豊富です。

ぜひ、以下も合わせて読んでみてください。

qiita advent calendar 2015
qiita advent calendar 2016

それでは。