GitHub 製エディタ Atom リファレンス

  • 1230
    いいね
  • 5
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

:warning: 2014年02月27日に書いた記事なため、内容が古くなっています。注意してください :sweat_smile:

Atom とは

GitHub 製テキストエディタ。Sublime のようにデフォルト状態でも十分使える、かつカスタマイズ可能。2014/02/27 現在では招待制。

公式サイト - atom.io

他のエディタと何が違うのか

Chromium をベースにできており、エディタのどのページもローカルで Web ページがレンダリングされてる。 Node.js を使って各ウィンドウの JavaScript 環境で自由にコードを実行できる。使用されてる技術的に Web 開発者にとっては馴染みが深いエディタになると思われる。

(Chromium ベースなので Developer Tools が開ける (option-cmd-I))

_Users_seigo_workspace_wantedly.github.io.png

Sublime

かなり似てる。git gutter とか package control がデフォルトで入ってるイメージ。プラグインの充実度はまだ比較にならないが、プラグインやテーマが GitHub と密に連携していたりとエディタのエコシステムが強みに感じる。

速さは体感ではそこまで変わらない。(少なくとも Sublime より速い、とかではない)Timecop(下記にスクショつけてる)でボトルネック見つけて改善もできそう。

Vim

Vim と Sublime の違いに近い。vim-mode plugin は存在するが、vim ライクに使えるレベルといった感じ。ctrl-V が存在する!が、先頭インサートとか諸々使えなかったりで、今後に期待+キーバインドをカスタマイズする必要あり。

今のところ Mac でしか動かないのも使うか迷うポイントである。(NeoVim vs Atom となっていくのかどうか)
2015年03月20日現在は OS X 10.8 以降、 Windows 7 & 8、 RedHat Linux、 及び Ubuntu Linux で利用できます。

What platforms does Atom run on?

Prebuilt versions of Atom are available for OS X 10.8 or later, Windows 7 & 8, RedHat Linux, and Ubuntu Linux.

https://atom.io/faq

Emacs

わかりません。(Emacs 使いの方、編集リクエストください)

操作

コマンドパレット

cmd+shift-P

Open On GitHub: File

現在見てるファイルの GitHub ページを開く

Open On GitHub: Blame

コードを範囲選択した上で、Open on GitHub: Blame を実行すると、該当箇所についての GitHub blame ページが開く

Open On GitHub: History

現在見ているファイルの History の GitHub History ページを開く

Open On GitHub: Copy URL

http://github.com/wantedly/wantedly.github.io/blob/develop/README.md#L14-L19 のようなリンクをコピーする。Blame と同じく範囲選択した上でコマンドパレットから Open On GitHub: Copy URL を実行

ツリー

ツリー開閉

cmd-\

ツリーにフォーカスを移動

ctl-0

ファイル

ファイルの追加、移動、削除

ツリー上で右クリック

キーボードショートカットもある

  • 追加 a
  • 移動 m
  • 削除 delete

検索

ファイル検索

cmd-t

現在開いてるファイルから検索

cmd-b

変更のあるファイルと Git でまだトラッキングしてないファイルを検索

cmd-shit-b(Git を使ってるプロジェクトであれば)

ファイル内検索と置換

cmd-f

プロジェクト全体からファイル内検索

cmd-shift-f

ウィンドウ下部に置換文字列を入力することで置換

シンボルへのジャンプ

cmd-r

プロジェクト横断でシンボルへのジャンプ

まず、

$ brew install ctags

プロジェクトルートにて

$ ctags -R ./

atom にて

cmd-shift-r

パネルの分割

分割

cmd-k の後に 上下キー

例えば、右にパネルを出したかったら cmd-k +

移動

cmd-k の後に cmd-上下キー

例えば、左に移動したかったら cmd-k + cmd-左

閉じる

meta-w (cmd-w)

ブロックをたたむ

行の上にカーソルを合わせると表示される矢印をクリック

キーボードから行うには

  • たたむ - alt-cmd-[ または alt-cmd-]
  • 開く - alt-cmd-shift-} または alt-cmd-shift-}

カスタマイズ

(ちょっとずつ書いてく)

untitled_と_GitHub_製エディタ_Atom_リファレンス_と_1._bash.png

設定画面を開く

コマンドパレットから settings と検索

テーマの変更

設定画面の Theme タブから、全体のテーマとコード部分のテーマ変更が可能。

デフォルトが一番良いと思う

パッケージのインストール

設定画面の Packages からインストール可能なパッケージインストールするだけ

もしくは

$ apm install <package>

便利機能

Markdown プレビュー

README.md_-__Users_seigo_workspace_box-ubuntu12.04-chef.png

Packages -> Markdown -> Preview Buffer

保存するとレンダリングってのがあと一歩?

変更ファイル・新規ファイルが一目でわかるツリー

additional_-__Users_seigo_workspace_wantedly.github.io.png

  • 変更したファイルはオレンジ
  • 新規ファイルはグリーン

どこが遅いか調べられる Timecop

Timecop_-__Users_seigo_workspace_wantedly.github.io.png

パッケージのローディングやテーマのローディング等、どこでどれくらい時間かかってるかわかる

自前テーマを作るのに便利そうな StyleGuide

Styleguide_-__Users_seigo_workspace_wantedly.github.io.png

エディタの Web ページなので、CSS (less)でテーマ変えられる。

感想

  • GitHub 製
    • ロードイメージが Octocat だったり
    • まだ git でトラッキングしてないファイル用に + マークのアイコンがついたり
    • ブランチ名デフォルトで出たり
  • デフォルトのままで十分使えると書いてるあるとおりだった
    • テーマが少ないのもあるけどデフォルトが一番良かった
  • 設定画面が GUI で簡単
    • 設定ファイルの実体は ~/.atom ディレクトリにある。dotfiles での管理簡単
  • プラグインの管理が楽
    • 何を入れてるか、どれが有効か簡単に切り替え可能
    • GitHub と密に連携してるので Issue 上げたり README に飛べたり
  • キーマップ、閲覧は GUI、編集はファイルベース、良い
  • Yet Another Sublime 感
  • package とか thema の generator
  • markdown preview やばい...
    • markdown の syntax highlight が GitHub Markdown
  • theme とか less で書ける
  • Timecop っていうエディタのどこが遅いか表示できる
  • vim-mode プラグインもある(vim 代替レベルではない...)
  • open-source と closed でゆれてる?