Rasbery PiをセットアップしてMacのバックアップ用として設定するまで

  • 49
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

rasbery-piをセットアップして外付けHDDを接続、MacのTimeMachineに表示されるまで。

rasbery-piの設定

ディスクイメージの作成

SDカードにraspberrypiのイメージ書き込みをします
MacにでもSDカードをさしてコマンド操作

mount
> /dev/disk1s1 on /Volumes/Untitled (exfat, local, nodev, nosuid, noowners)

diskutil umount /dev/disk1s1

起動、初期設定

rasbery-piにSDカードを差し込んで電源も接続して起動。

初期状態では2GBの容量しかSDカードを使ってくれないので
raspi-configのexpand_rootfsを実行してください。
設定が終わってからreboot後に適応されます。

raspi-configの画面はrasbery-piを起動したら最初に表示される画面。
あとから画面を表示したくなったら

sudo raspi-config

でOK
他にも

  • locateの設定
  • タイムゾーンの設定
  • GUI起動の有無
  • ssh接続の設定

等があるので都度切り替えてください。
とりあえずssh接続できるようにしておけば何とかなる(かも)。

ネットワークの設定

初期設定が終わったらauthorized_keysを置いてsshの設定や固定IPの設定

sudo vi /etc/network/interfaces
iface lo inet loopback
iface eth0 inet static
  address 192.168.111.100
  netmask 255.255.255.0
  gateway 192.168.111.1
  dns-nameservers 8.8.8.8

パッケージのインストール、アップデート

sudo apt-get install screen vim git
screen
sudo apt-get update; sudo apt-get -y dist-upgrade; sudo reboot

結構時間かかるので放置して本でも読んでましょう。
screenで開く意味はそんなに無いかもですが、長い処理が途中で中断(sshが切れる)されたら不安なのでなんとなくです。

Time Machineの設定

Netatalkインストール

sudo apt-get -y install libssl-dev libgcrypt11-dev libpam0g-dev libwrap0-dev libdb-dev libavahi-client-dev libacl1-dev libldap2-dev
cd /usr/local/src
sudo wget http://prdownloads.sourceforge.net/netatalk/netatalk-3.0.3.tar.bz2
sudo bzip2 -dc netatalk-3.0.3.tar.bz2 | sudo tar xvf -
cd netatalk-3.0.3/
screen
sudo ./configure --with-init-style=debian; sudo make ; sudo make install

お茶でもすすって待ちます

HDDのフォーマット

今回は外付けHDD,1TBの容量すべてをTimeMachine用の容量として使います。

sudo fdisk -l

今回は/dev/sda1に接続できたようです。

sudo fdisk /dev/sda1

コマンド、d- > n -> p -> 空エンターでデフォルト設定 -> w
既存のパーティションをすべて削除してパーティションを1つだけ作成

sudo mkfs -t ext3 /dev/sda1

フォーマットされるのをしばし待つ。

HDDのマウント

sudo mkdir /media/mbatc
sudo mount /dev/sda1 /media/mbatc
mount

/dev/sda1 on /media/mbatcの表示があればOK
起動時の自動マウント設定

sudo vi /etc/fstab
/dev/sda1       /media/mbatc    ext3    relatime        0       2
sudo umount /media/mbatc
sudo mount -a
mount

Netatalkの設定

Netatalk3系からはsamba風の設定ファイル1つで設定できるようになったようです。大変便利。

sudo vi /usr/local/etc/afp.conf
afp.conf
;
; Netatalk 3.x configuration file
;

[Global]
mac charset = MAC_JAPANESE
uam list = uams_clrtxt.so uams_dhx.so uams_dhx2.so uams_guest.so
log file = /var/log/netatalk.log
vol preset = my default values

[my default values]
valid users = @pi
file perm = 0660
directory perm = 0770

[Time Machine]
path = /media/mbatc
time machine = yes
vol size limit = 1000000

バックアップする時のログインユーザーは標準のpiユーザーです。別途ユーザーを作成して設定しても良いでしょう。

sudo service netatalk restart

Mac側でTimeMachineのHDD設定に表示されるんでバックアップを作成して完了。