BootcampでWindowsのインストールに失敗する問題の解決方法 AppleSSD.sys 0xc0000428 このファイルのデジタル署名を検証できません。

  • 19
    いいね
  • 16
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

最初に

コメントに多くの方々による大変有用な情報があるので、必ずチェックしてみてください!

概要

2015/8/15現在BootcampでWindows 7をインストールすると、インストール途中で以下のようなエラーメッセージが表示されます。

bootcamp_error01.png

ファイル : AppleSSD.sys
状態 : 0xc0000428 
情報 : このファイルのデジタル署名を検証できません。

恐らく先日実施されたBootcampのWindows 10対応以降問題が発生しています。
上記の問題を解決する方法を紹介したいと思います。

手順

  1. OS Xで再起動
  2. BootcampでWindows 7などのisoファイルからインストール用のUSBメモリを作成。
  3. 正しいBoot Camp Support Softwareをダウンロード
  4. インストール用USBメモリを修正
  5. インストール

1. OS Xで再起動

上記のエラーが表示された方は、まずこの画面から脱出しましょう。
電源キーを長押しするとシャットダウンできます。続いてOptionキーを押しながら電源キーを押すとブートするOSを選択出来る画面になるので、そこでMacを起動してください。

2. BootcampでWindows 7などのisoファイルからインストール用のUSBメモリを作成。

上記のエラーが表示された方は、このステップは飛ばして3から作業してください。今からBootcampを始めようと考えている方は2から作業をしてください。

まずはUSBメモリをMacに装着します。
SpotlightでBootと入力してBoot Camp アシスタントを起動します。

このとき最下部のWindows 7 またはそれ以降のバージョンをインストールするのチェックを外してください。
このチェックを入れたまだとインストールが始まり、同様のエラーが発生してしまいます。
bootcamp01.png

3. 正しいBoot Camp Support Softwareをダウンロード

本来はBootCampアシスタントが自動的にダウンロードしてUSBメモリに配置するものですが、この自動的にダウンロードされるものに問題があるため自分でダウンロードして置き換える必要があります。

以下から自分の環境に対応したソフトウェアをダウンロードして展開してください。
https://support.apple.com/ja-jp/HT204048

私が確認した限りではBoot Camp Support Software 5.1.5621ではうまくいきました。
最近リリースされたBoot Camp Support Software 5.1.5769が怪しいです。

4. インストール用USBメモリを修正

1で作成したUSBメモリをFinderで開き、$WinPEDriver$BootCampを削除します。
続いて2.で展開したBoot Camp Support Softwareの中から$WinPEDriver$BootCampをUSBメモリにコピーします。

5. インストール

再度Boot Camp アシスタントを起動します。
そして先ほどとは逆にWindows 7 またはそれ以降のバージョンをインストールするだけチェックを入れてください。
bootcamp02.png

あとは続けるを押して進めると正しくインストールが完了します。

既にWindowsパーティションが存在する場合は、1度単一パーティションに戻す必要があることがあります。そのときは単一パーティションに戻したあとに再度Boot Camp アシスタントを起動してください。

動作確認環境

  • Macbook Pro Retina 15inch 2012
  • Yosemite

参考

[urgent]get "appleSSD.sys" error when installing windows 7 through bootcamp
https://discussions.apple.com/thread/7171397