CoreOSのインストールのメモ

  • 8
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

VirturalBoxのインストール

CoreOSのインストール

  • https://coreos.com/os/docs/latest/booting-with-iso.html からisoイメージをダウンロード。ひよってStable Channelを選んだ。
  • VMを新規作成。設定は、メモリ1024MB、HDD16GBくらいで適当に。
  • 作成後、ネットワークは「ブジッジアダプター」を選択。ブリッジアダプターにすると、PCと独立したIPアドレスを設定できるようになる。
  • 最初に起動すると、isoイメージを選択するか聞いてくるので、ダウンロードしたisoイメージを指定。
  • もし、聞かれない場合はisoイメージをマウントして再起動。
  • isoイメージから起動するので、インストールのためにユーザー「core」としてログインしてパスワードを設定。
$ sudo passwd core
  • PC側からsshでログイン。パスワードは上で設定したもの。
$ ssh core@192.168.***.***
  • スーパーユーザーになる
$ sudo -s
  • cloud-config.yml を作成
# vi cloud-config.yml
  • ファイル内容は下記のような感じ。1行目の「#cloud-config」がなかったり、間違っているとエラーになるので注意。
#cloud-config
hostname: "coreos-001"
users:
 - name: "sokotsu"
   passwd: "..."
   groups:
    - "sudo"
    - "docker"
   ssh-authorized-keys:
    - "ssh-rsa AAAA..."
  • passwd は$ openssl passwd -1で生成(実は不要かもしれないけど確認してない、、、)。
  • ssh-authorized-keys は $ ssh-keygen -t rsaで生成した~/.ssh/id_rsa.pub を貼り付け。
  • cloud-config.yml のチェック。
# coreos-cloudinit -validate=true -from-file=./cloud-config.yml
  • チェックでエラーがなければインストール。/dev/sdaは設定をいじっていたらそれに合わせて変更。
# coreos-install -d /dev/sda -C stable -c cloud-config.yml
  • インストール完了したら再起動。その時、isoイメージのアンマウントを忘れずに。
  • 再起動したらSSH host KeyやIPアドレスが表示されるので、PC側からsshでログイン。
  • CoreOSのアップデート
$ sudo update_engine_client -update