Antのプロパティの指定方法(タスク、プロパティファイル、コマンドライン引数)

  • 8
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

Antでのプロパティの指定方法とその優先順位について。

  1. プロパティタスクで<property name="xxx" value="yyy" />と書く
  2. プロパティタスクで<property file="xxx.properties" />と書き、プロパティファイルにname=valueの形式で書く
  3. 実行時のコマンドライン引数で指定する
build.xml
<?xml version="1.0"?>
<project name="SimpleAnt" default="compile">
    <property file="file.properties" />
    <property name="msg" value="Hello world" />
    <target name="compile">
        <echo>${msg}</echo>
    </target>
    <target name="test" depends="compile">
        <echo>testだけど表示するだけで何もしない</echo>
    </target>
</project>

file.propertiesがないとき

> ant compile

compile:
     [echo] hello world

file.propertiesを以下の内容で作成したとき

file.properties
msg=hello from properties file

プロパティファイルが先に読まれるので、ファイルの内容が反映される

> ant compile

compile:
     [echo] hello from properties file

コマンドライン引数で指定したとき、一番最初に評価されるので、引数の内容が反映される

> ant compile -Dmsg="hello from argument"

compile:
     [echo] hello from argument