Markdownでプレゼン用スライドをつくる方法いろいろ

  • 499
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

勉強会での発表資料を作成するにあたり、まずMarkdownで話そうと思うことを適当にメモしてるうちに、なんか発表資料このままで良くない?と思えてきました。別に レイアウトや配色のセンスに自信があるわけでもない し。。

で、最初 "markdown pagination" でググってみるとあまりパッとしたのがなかったのですが、"markdown presentation" にしてみると出るわ出るわ。しかもどれも結構よさげ。

というわけで出てきたものをメモがてら書き留めておきます。結論からいうとググって一番上に出てきた "Remark" が今回の要件に(ほぼ)マッチしていたので、他はまだ使ってません。

Remark

http://remarkjs.com/

長所

  • GitHubでソース公開されてる
    • 無料
    • ログイン不要
    • 不満があれば自分で修正してpull request送れる

Swipe

http://beta.swipe.to/markdown/

長所

  • テンプレートやフォントが複数用意されてる(っぽい)

短所

  • 要ログイン(用途によっては長所でもある)

Docset

http://www.decksetapp.com/

  • Mac アプリ
  • 19.99ドル

Reveal.js

https://github.com/hakimel/reveal.js/

  • テキストベースのスライドをつくれる
  • たぶんこの中では一番メジャー。日本語での紹介記事もたくさん出てる

Slidify

http://slidify.org/

  • サイトが10ブックマークされてるので国内でちょっと話題になったことがある?