Intel Edisonを触ってみた

  • 9
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Intel Edison Brakeout Boardを購入したので軽く動かしてみた。

電源投入

Brakeout BoardにはMicro USB端子が2つ並んでいるが、
一つはUSB-OTGで、一つはUSBシリアル変換ポートらしい。

USB-OTGのポートから電源を供給できる。
電源を供給するとボード上のLEDが点灯する。

シリアルコンソール

USBシリアル変換ポートは標準でシリアルコンソールになっているので、
まずはシリアルコンソールからログインする。

初期設定ではrootのパスワード無しでログインできる。

接続
$ sudo cu -s 115200 -l /dev/
Connected.
ログイン
edison login: root
root@edison:~# 
切断
root@edison:~# ~.
Disconnected.

シリアルコンソールは一文字目の入力を取りこぼす現象が頻発していた。

Wi-Fi接続

Wi-Fi APに接続してみた。

wpa_supplicantの起動
root@edison:~# wpa_supplicant -B -i wlan0 -c /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
Successfully initialized wpa_supplicant
wpa_supplicantの設定
root@edison:~# wpa_cli
> add_network
0
> set_network 0 ssid "MYSSID"
OK
> set_network 0 psk "passphrase"
OK
> enable_network 0
...
<3>CTRL-EVENT-CONNECTED - Connection to **:**:**:**:**:** completed [id=0 id_str=]
DHCP
root@edison:~# udhcpc -i wlan0
udhcpc (v1.22.1) started
Sending discover...
Sending select for 192.168.1.6...
Lease of 192.168.1.6 obtained, lease time ***
/etc/udhcpc.d/50default: Adding DNS *.*.*.*

SSH接続

何もしなくても初期状態でSSH接続できる。
しかし、応答はめちゃくちゃ遅い。タイプすると1文字1文字に数秒かかる。

ただし、SFTPはそれほど遅くなかった。

SSH接続
$ ssh root@192.168.1.6
...かなり時間がかかる...

GPIO

とりあえずGPIOを触ってみようと思ったが、
ブレイクアウトボードの回路図を見ても制御できそうなLEDがなかった…。