【Unity】iTweenでハマったことメモ

  • 27
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

MoveBy関数には「islocal」パラメータがない

MoveByでislocalパラメータを追加してもエラーにならないため要注意!!!
ちなみにMoveToやMoveFromはありました。

アニメーションが終わったら呼ばれる関数(コールバック関数)にはターゲットが必要

たとえば、iTweenの移動処理が終わってゲームオブジェクトを削除したい場合は
oncompleteを保有しているゲームオブジェクトを明記したほうがいい

itween.cs
void OnTriggerStay(Collider other) {
    ins = Instantiate(PlusMoneyPrefab) as GameObject;

    Vector3 startPosition = new Vector3(startX, startY, -1);
    ins.transform.parent = Respawn.transform;
    ins.transform.localPosition = startPosition;
    ins.transform.localScale = new Vector3(50, 50, 0);

    Hashtable parameters = new Hashtable();
    parameters.Add("y", startY + 80);
    parameters.Add("islocal", true);
    parameters.Add("easeType", "easeInOutExpo");
    parameters.Add("time", 2);
    parameters.Add("oncomplete", "CompleteHandler");
    parameters.Add("oncompletetarget", gameObject);

    iTween.MoveTo(ins, parameters);
}

void CompleteHandler() {
    Destroy (ins);
}