Chef-Zeroを使ってみる。

  • 23
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

オレオレプロジェクトでChef-Zeroを使ってみる。knife-zero経由が楽そうなのでその方針で。
Mac(Yosemite)でやる。gemでインストールした古いChef/Knife環境があったのでアンインストール。

対象のサーバはVagrantで立ててある。

下準備

1. ChefDKを入れる

https://downloads.chef.io/chef-dk/ からインストール

chef使うときはChefDKのruby環境を使うようにする。

eval "$(chef shell-init zsh)"

2. knife-zeroを入れる

chef gem install knife-zero
mkdir .chef
echo 'local_mode true' > .chef/knife.rb

3. vagrant up

適当にVagrantfile作ってvagrant upしておく。
Vagrantでprovisionはしない。本番環境作るときはどうせchef/knife使うのと、環境固まったらvagrant packageするので。

vagrant ssh-config >> ~/.ssh/config

してssh楽に

zeroる

4. knife zero bootstrap

knife environment create development
knife zero bootstrap default -x vagrant --sudo -E development

5. knife zero chef_client

chef_clientで管理下のnode(1個だけど...)を更新

knife zero chef_client 'chef_environment:development' -a hostname -x vagrant

chef_clientする時のattributes(-a)がhostnameで良いのか不安。あとattributesを省略する方法は無いのかしら?

参考

http://qiita.com/sawanoboly/items/4f363909615d8a76e9e5