Yapc::Hokkaido 2016 セミナールームCでのサテライト中継

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント

YAPC::Hokkaido2016でC会場を担当していました。
ここは電源を提供することを主目的とし、併せてA会場のサテライトとしての役割も担うことになりました。
ここではサテライト中継の構成について書きます。

システム構成

<送信側>

各ソース
 ↓
Rolandのミキサー
 ↓
USB接続で音声と映像を取り込み
 ↓
Let's Note CF-Y8 (Core2 duo / 2GB mem / Windows10) + Skype
 ↓
WiFi AP

<受信側>

WiFi AP
 ↓
Intel Stick PC (Atom / 2GB mem / Windows10) + Skype
 ↓
HDMI
 ↓
会場備え付けのProjector
(音声はBluetoothで接続したBoseスピーカーから再生)

ソフトウエア

前日に諸々な手段を検討した結果、今回はSkypeが最適であるという結論となりました。

回線

会場Wifiも使えたのですが、利用者が多い想定1でもあり、実行委員長判断でWiFiルータで公衆回線を経由させることとなりました。

実際、回線はギリギリの感じで、Skypeからも回線品質は「低」で赤いアイコンが出ている状況でした。

品質等

まあそこそこ。
低コスト(作業コスト的に)の割にはよかった。
文字が小さいものはつらい。
文字が大きなものは十分いける。
音声は十分に聞こえる。

利点

SkypeだからP2Pなので、原則非公開のチャネルが維持できる。
回線品質が低いなりにコンテンツをコントロールするので、およそ連続8時間程度の中継を行ったが、一度も回線が切れることはなかった。
何とか乗り切りました。


  1. 実際には悪天候のため、飛行機の欠航が相次ぎ、欠席者続出であったが、延べ参加者数は180人以上となった。