Noto Sans Japaneseと源ノ角ゴシック (Source Han Sans JP)の違い

  • 51
    いいね
  • 4
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
  • フォント名
  • ウェイト名及びデフォルトのウェイト(NotoがRegular、源ノがNormal)

それ以外は同じ?

比較

をMacで表示した。下はNoto/源ノのウェイト比較。

noto_source.png

欧文書体

欧文書体が違うという話だったが同じだった。違うのはNoto Sansの欧文(画像4行目)であって、Noto Sans Japaneseに含まれる欧文は源ノと同じっぽい。

ウェイト

ウェイト名が一部異なる。デフォルトのウェイトはNotoがRegular、源ノがNormalとなっており、源ノの方が若干細くなる。

Noto 源ノ ウェイト
細い Thin ExtraLight 100
Light Light 300
DemiLight Normal* 350
Regular* Regular 400
Medium Medium 500
Bold Bold 700
太い Black Heavy 900

どちらを使う?

フォントそのものはほぼ同じなので、提供元(Adobe・Google)による配布形態の違いなどの部分で選んでしまえばいいはず。

源ノ角ゴシック (Source Han Sans JP)

Noto Sans Japanese

  • デフォルトのウェイトは太め(というか普通)
  • ウェイト名がわかりやすい
  • 配布形態は単言語OTFのみ
  • GoogleのNotoフォントファミリーの一部である
    • 日本語含む全Notoフォントを一気にダウンロードできる
    • 「日本語フォントはNoto使ってくれよ!」とか、外国人に通じやすいことが期待できる
  • フォント名がかわいい