ipython notebook(jupyter)をリモートから使う

  • 25
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

環境

Ubuntu 14.04 LTS
anaconda 3.19.0
python 2.7.X

ipython notebookとjupyterとの関係

http://blog.jupyter.org/2015/08/12/first-release-of-jupyter/
今後、ipython notebookはjupyterになるということですかね。
今まで出ていたコマンドも置き換えるように推奨されてます。

実行手順

1.profileの生成
profileは不要になったようです
2. notebook_config.pyファイルの生成
jupyter notebook --generate-config
でconfigファイル(~/.jupyter/jupyter_notebook_config.py)を作成。
3. ipythonを実行、下記のコマンドでパスワードのハッシュ値を生成
In [1]: from IPython.lib import passwd
In [2]: passwd()
ここでパスワードを打ち込むとハッシュ値が生成(sha1:XXXXXXX)されるので、
そちらをコピーして、テキストファイルなどに保存。
4. ~/.jupyter/jupyter_notebook_config.pyの末尾に下記を記載

c.IPKernelApp.pylab = 'inline'
c.NotebookApp.ip = '*'
c.NotebookApp.open_browser = False
c.NotebookApp.port = 9999
c.NotebookApp.password = u'sha1:XXXXXXX(#先ほど保存したハッシュ値を記載)'

5. 実行
jupyter notebook &

これで、リモートクライアントのブラウザから
http://<jupyter実行ホストのIP Address>:9999
と打ち込むとipythonにアクセスできるようになります。
アクセス元を絞りたい時には,c.NotebookApp.ip = ''の部分を修正してください