ブランチの切り替えをしなくてよくなるコマンド git worktree がすごい!

  • 491
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

masterブランチでちょっとした変更をしたいんだけど、devブランチで作業しているから切り替えるのはめんどくさい。
そんな時はgit worktreeを使ってみてください。複数のブランチを切り替えずに操作できます。
※git worktreeを使うにはGit 2.7.0以降が必要です。それ以前のバージョンだとgit worktree listがありません。

ブランチの追加

操作したいブランチはこんな風に持ってくることができます。

git worktree add <作業ディレクトリ> <ブランチ名>

すると、作業ディレクトリ以下に指定したブランチの中身がリンクされます。
たとえば、git worktree add ./worktree-dev devとコマンドを打つと、./worktree-devディレクトリが作成され、その下にdevブランチの内容ができるわけです。

git worktreeは今いるブランチに影響を与えません
つまり、作業中であっても操作したいブランチを持ってこれます(厳密にはsubmoduleと同じリンクディレクトリができます)。

commitなどはさっきの作業ディレクトリ以下に移動して行うというルールがあるだけで、基本的には今まで通りでOKです。

ちなみに、すでにブランチがある場合は作業ディレクトリを省略すると、ブランチ名のディレクトリで作成してくれます。

git worktree add dev

ブランチの削除

使い終わったブランチは作業ディレクトリを削除してください。
そののちに

git worktree prune

とコマンドを打てばキレイになくなります。

ブランチの一覧

現在リンクされているブランチを確認するにはこんな感じ。

git worktree list
# こんな感じで一覧が見れます
# /Users/shibukk/git-worktree-test               6d44d5d [master]
# /Users/shibukk/git-worktree-test/worktree-dev  894cec9 [dev]

応用編

git worktreeを使えば、さくっと修正してpull requestを投げるためのブランチを1行で作れます。
-bは新規ブランチを一緒に作成するオプションです。

git worktree add hotfix-1 -b hotfix-1

なので、bashrcにこんな感じで指定のディレクトリにブランチを作成する関数を用意しておき、.gitignoreでそのディレクトリを無視するようにしておくと便利です。

.bashrc
function gwt() {
    GIT_CDUP_DIR=`git rev-parse --show-cdup`
    git worktree add ${GIT_CDUP_DIR}git-worktrees/$1 -b $1
}
.gitignore
git-worktrees/*
# これだけでpull request用のブランチができる
gwt <新規ブランチ名>

なお、git rev-parse --show-cdupでリポジトリのrootを探すようにしているので、どのディレクトリにいてもgit-worktrees以下に作ってくれます。

注意点

ローカルブランチがないとエラーになります。
リモートブランチにはあるという場合は、-bを使えば問題ありません。

また、既に作業ツリーが存在しているブランチをチェックアウトしようとするとfatal: 'hotfix-1' already existsみたいなエラーになるので、このエラーが出た場合はgit worktree listを使って作業ツリーがないか確認してみてください。
作業ツリーがあった場合は上記のブランチ削除を実行すればOKです。