CentOS7にChromeをインストール

  • 11
    いいね
  • 0
    コメント

CentOS7には、Firefoxがインストールされていますが、Chromeを利用したい場合の方法をメモしておきます。RHEL7.xでも同様の方法で対応可能です。

検証環境:CentOS7.2 x64

事前準備

リポジトリファイルを設定

vi /etc/yum.repos.d/google.chrome.repo

以下の内容を記入して保存

google.chrome.repo
[google-chrome]
name=google-chrome
baseurl=http://dl.google.com/linux/chrome/rpm/stable/$basearch
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=https://dl-ssl.google.com/linux/linux_signing_key.pub

情報を反映

yum update

インストール方法

yum install google-chrome-stable

これで、インストール完了
image

root権限で利用するためには

vi /opt/google/chrome/google-chrome

一番下の行を変更

google-chrome
else
    exec -a "$0" "$HERE/chrime" "$@" --user-data-dir=~
fi

エラーが出る場合

「ERROR:nacl_fork_delegate_linux.cc(315)」というエラーが出る場合

vi /opt/google/chrome/google-chrome

一番下の行を変更

google-chrome
else
    exec -a "$0" "$HERE/chrime" "$@" --no-sandbox --user-data-dir=~
fi

※サンドボックスを無効にするとセキュリティの警告が表示されます

(参考)
http://zero-config.com/centos/chrome-001.html