MacでのJAVA_HOME設定

  • 162
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

2015.4.16編集

「やっぱりバージョン切り替えたい!」っていう状況が発生したので調べたら引数で-v {version}と指定することで、指定したバージョンのJDKのHOMEを指定してくれるようです。(但しそのバージョンがインストールされている場合)

なので、複数バージョンのJDKを同じマシンにインストールして、プロダクト毎に切り替えて使いたい時(例えばjava6, java8)は以下のようにして切り替えています。

java8が使いたい時

export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home -v 1.8`
# JAVA_HOME=/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_05.jdk/Contents/Home

java6が使いたい時

export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home -v 1.6`
# JAVA_HOME=/System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk/Contents/Home

なお、インストールされていないバージョンを指定した場合は最新のバージョンが指定される?ようです(詳細未確認)

$ /usr/libexec/java_home -v 1.7
# Unable to find any JVMs matching version "1.7".
# /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_05.jdk/Contents/Home
$ /usr/libexec/java_home -v 1.4
# Unable to find any JVMs matching version "1.4".
# /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_05.jdk/Contents/Home