[CentOS] dm-cacheを使用してSSDをHDDのキャッシュにする

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント

環境

  • CentOS Linux release 7.3.1611
  • Linux 3.10.0-514.el7.x86_64

2つのドライブがあります。

  • /dev/sda1 SSD
  • /dev/sdb1 HDD

SSDをHDDのキャッシュとして設定します。

作業手順

lvmcache(7)のマニュアルに従って作業します。

Volume Groupを作成

Volume Groupを作ります。SSDとHDD両方を所属させないといけないです。

名前は vg0 にしました。

# vgcreate vg0 /dev/sda1 /dev/sdb1

実データ用Logical Volumeを作成

名前は export にしました。サイズはHDD全部です。

# lvcreate -n export -l 100%FREE vg0 /dev/sdb1

キャッシュのメタデータ用Logical Volumeを作成

メタデータは、キャッシュデータ自体の1000分の1より小さくしないといけないです。 1

SSDがあるので、割り算して 457MB にしました。

名前は cache0meta にしました。

# lvcreate -L 457M -n cache0meta vg0 /dev/sda1

キャッシュのデータ用Logical Volumeを作成

SSDの余った領域を使い切ります。

名前は cache0 にしました。

# lvcreate -l 100%FREE -n cache0 vg0 /dev/sda1

キャッシュプール用Logical Volumeを作成

キャッシュデータと、キャッシュのメタデータをくっつけてキャッシュプールにします。2

# lvconvert --type cache-pool --cachemode writeback --poolmetadata vg0/cache0meta vg0/cache0

--cachemodeでwrite backやwrite throughを選べます。

キャッシュ用Logical Volumeを作成

# lvconvert --type cache --cachepool vg0/cache0 vg0/export

こんなんできました。

# lvs -a vg0
  LV              VG  Attr       LSize   Pool     Origin
  [cache0]        vg0 Cwi---C--- 446.19g
  [cache0_cdata]  vg0 Cwi-ao---- 446.19g
  [cache0_cmeta]  vg0 ewi-ao---- 452.00m
  export          vg0 Cwi-a-C---   1.82t [cache0] [export_corig]
  [export_corig]  vg0 owi-aoC---   1.82t
  [lvol0_pmspare] vg0 ewi------- 452.00m

  1. 本当はチャンクサイズを決めて、そこから計算するみたい?? https://www.redhat.com/archives/dm-devel/2012-December/msg00046.html チャンクひとつで16バイト使うそうです。 

  2. こうしたところ、エクステントが足りないと言われてしまったので、キャッシュデータ用のLVを少し小さく作り直しました。