Ubuntuに最新のNode.jsを難なくインストールする

  • 274
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

この記事は 慶應義塾大学SFC村井&徳田研 Advent Calendar 2015 の10日目の記事です。


UbuntuにNode.jsをインストールする方法は数多あれど、ちょっと面倒臭い。

普通にapt-getすると、バージョンが結構古かったり、nodeじゃなくてnodejsコマンドで登録されたりと、なんだか論外。
PPAやNVMを使う手もあるけど、余計な手間がかかるのでヤダ。もっとパパッと出来ないの?

そんな貴方には、以下のように n package を使ったインストールがオススメです。

導入手順

まず普通に nodejs, npm をインストールします

$ sudo apt-get install -y nodejs npm

次に n package を導入します

$ sudo npm cache clean
$ sudo npm install n -g

最後に n package を使って node をインストールします

$ sudo n stable
$ sudo ln -sf /usr/local/bin/node /usr/bin/node

ちゃんと最新かどうか、バージョンを確認してみましょう

$ node -v
v5.2.0

※ 最初に入れた nodejs, npm は古いので、混乱を避けるべく消しちゃいます

$ sudo apt-get purge -y nodejs npm

複数バージョンの管理

n packageは複数バージョンの管理もできます。
別のバージョンを入れたいときは、例えばこんな感じ

$ sudo n 4.2.3
$ node -v
v4.2.3

バージョンを切り替える時も、これだけ。
update-alternatives の必要なし

$ sudo n 5.2.0
$ node -v
v5.2.0

ね、簡単でしょ?

参考サイト