KOKUYOの黒曜石のキーバインドを解析して各種プレゼンツールで利用する

  • 1
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

この記事は最終更新から1年以上経過しています。 気をつけてね。

発表者以上の存在感に定評があるKOKUYOのプレゼン補助デバイス黒曜石、これ実は外付けキーボードです。

これが中々使いやすく、片手デバイス部門ではアスキースティックL5以来の殿堂(※独自調査による)入りとなりました。

標準でPowerPoint, KeyNoteなどの標準的なOffice向けプレゼンツールに対応していますが、折角なので黒曜石のキーバインドを調査して他のツールでも使ってみたいと思います。

黒曜石のキーバインド

黒曜石の送信するキーボードイベント一覧です、イベントの取得にはKeyRemap4MacBookを使いました。

位置 ボタン名称 大きさ アクション 押しやすさ キーバインド 寸評
真ん中 NEXT 押して離す(2秒以内) PageDown
(離す時にKeyDown&Upイベント)
中央にあり、存在感はピカイチ。安定して押せる不動のエース。
真ん中 NEXT 2秒の長押し 2秒後にF5
(押している間KeyDown、離してKeyUp)
PowerPointを遠隔スタートできる点はよいがそれだけ、一発屋っぽさは否めない。
F5が連射になってしまうためWEBブラウザ用のプレゼンツールとの相性は難あり。
BACK 押して離す PageUp
(離す時にKeyDown&Upイベント)
指先側のため大きさから受ける印象より押しやすい。直感的にプレゼンを巻き戻すことができ、NEXTボタンの女房役として十分な操作性を確保している。
BLACK OUT 押下 b
(押してKeyDown、離してKeyUp)
やや押しにくい位置にあるが、標準の暗転機能としてはあまり使わない。
このボタンのみ単純なKeyUp/Downイベントになる点には注意。

プレゼンツールとの連携

解析が済んだ所で最近良く見るJavaScriptで作られたプレゼンツールを対応させようと思った所、deck.jsなんかは標準でPageDownが次、PageUpも一つ前というキーバインドが割られており、そのまま使えてしまった。

他でも狙っているツールはあるので対応できたらコードで記事を書こう。。