【three.jsのヘルパー解説集】 ①ArrowHelperの使い方

  • 5
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

ArrowHelper

継承:THREE.Object3D
解説:3Dの矢印オブジェクトです。このArrowHelperを使うことでベクトルを可視化できるため、開発時やバグの検証時に役に立ちます

デモ

Untitled.gif

実装例

javascript
var dir = new THREE.Vector3( 1, 0, 0 );
var origin = new THREE.Vector3( 0, 0, 0 );
var length = 1;
var hex = 0xffff00;

var arrowHelper = new THREE.ArrowHelper( dir, origin, length, hex );
scene.add( arrowHelper );

ArrowHelper(dir, origin, length, hex, headLength, headWidth )

  • dir:THREE.Vector3 矢印の向きを表すベクトル
  • origin:THREE.Vector3 矢印の始点となるベクトル
  • length:矢印の長さ
  • hex:矢印の色
  • headLength:矢印の頭の長さ
  • headWidth:矢印の頭の太さ