DigdagでRubyのBundlerを使う

  • 4
    いいね
  • 3
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

JRubyじゃないよ

Digdagのコードを追っていくとRbOperatorFactory.RbOperator#runTask()でRubyスクリプトを実行しています.
具体的にはProcessBuilderを使っています.

システムの環境変数を見てrubyコマンドを実行しています.

Tokyo Ruby会議#11 ワークフローエンジンDigdagのまとめ - Qiitaのビデオを見たときRuby使えると聞いて勝手にJRubyだろうなとか思ってました. :astonished:

Digdagのワークフローの仕組み

  • digdag pushをすると
  • アーカイブが作成されてそれがDigdag serverに送られる
  • ワークフローを実行するとき
    • テンポラリディレクトリに展開される
    • ワークフロー実行されます

Bundlerを使う

では本題のBundlerを使う方法です.
Digdagの仕組みをある程度知った上でBundlerを使う方法は幾つかあると思います.

bundler/inlineを使用する :star2:

以下のような感じでスクリプト内にGemfile相当のものが書けます.
調べた限りではGemfile.lock相当はありませんでした.

#!/usr/bin/env ruby

require 'bundler/inline'

# 第1引数をtrueとするとbundle install相当をしてくれます.
gemfile(true) do
  source 'https://rubygems.org'
  gem 'json', require: false
  gem 'nap', require: 'rest'
  gem 'cocoapods', '~> 0.34.1'
end

pathオプションを使用する

  • Bundlerが入っている場合
    • プロジェクト内にライブラリを入れる
    • bundle install --path vendor/bundler

standaloneオプションを使用する

  • Bundlerが入っていない場合
    • スタンドアロンのオプションを有効にする.
    • bundle install --standalone
    • Rubyスクリプトにrequireを追記
      • require './bundle/bundler/setup'

pathstandaloneは、ワークフローのアーカイブに含まれるので色々依存しすぎると、アーカイブでディスクを圧迫したり、展開に時間がかかったりするのでほどほどにしましょう.