canvasで画像処理(ネガポジ変換/グレースケール変換)

  • 18
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

HTMLのCanvas要素には、

  var data = context.getImageData(x, y, width, height);

というものがあり、これによりCanvasのデータ列が取得できます。
data.dataは
RGBA順の配列になっており、これを操作してCanvasにputし直すことで画像をなんらかの処理して表示することができます。

今回は、下記の画像を使って、ネガポジ変換とグレースケール変換をやってみます。
(ちなみに写真は以前撮らせていただいたCANDY GO!GO!の菜月アイルさんです。)

1.png

ちなみにサンプルを動かす時、file:の画像をCanvasに読み込ませると、Canvasが汚染状態となり、getImageData()ができなくなるので、
カレントディレクトリでさっくりとWebサーバを起動させる等を参考にサーバーを起動させて確かめてください。

ネガポジ変換

ネガポジ変換とは、黒だったら白というように、色情報を反転させる処理です。
各々の色情報を 255-x で計算して求めます。
下記がサンプルです。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>画像処理</title>
<script type="text/javascript">
window.onload = function() {
    var canvas = document.getElementById("c1");
    var ctx = canvas.getContext("2d");

    var img = new Image();
    img.src = "test.jpg";
    img.onload = function() {
        ctx.drawImage(img, 0, 0);
        var src = ctx.getImageData(0, 0, canvas.width, canvas.height);
        var dst = ctx.createImageData(canvas.width, canvas.height);

        //ネガポジ変換
        for (var i = 0; i < src.data.length; i=i+4) {
            dst.data[i]   = 255 - src.data[i];    //R
            dst.data[i+1] = 255 - src.data[i+1];  //G
            dst.data[i+2] = 255 - src.data[i+2];  //B
            dst.data[i+3] = src.data[i+3];        //A
        }

        ctx.putImageData(dst, 0, 0);
    };
};
</script>
</head>
<body>
  <canvas id="c1" width="300" height="300">
</body>
</html>

これを行うと下記のようにになります。

2.png

グレースケール変換

グレースケールとは、画像を白黒とその中間色(灰色)で表された画像で、RGBの値が同じ値になります。
今回は簡単のため、値をR,G,B3つの平均をとることにより、グレースケールに変換しようと思います。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>画像処理</title>
<script type="text/javascript">
window.onload = function() {
    var canvas = document.getElementById("c1");
    var ctx = canvas.getContext("2d");
    var img = new Image();
    img.src = "test.jpg";
    img.onload = function() {
        ctx.drawImage(img, 0, 0);
        var src = ctx.getImageData(0, 0, canvas.width, canvas.height);
        var dst = ctx.createImageData(canvas.width, canvas.height);

        for (var i = 0; i < src.data.length; i=i+4) {
            var pixel = (src.data[i] + src.data[i+1] + src.data[i+2]) / 3;
            dst.data[i] = dst.data[i+1] = dst.data[i+2] = pixel;
            dst.data[i+3] = src.data[i+3];
        }

        ctx.putImageData(dst, 0, 0);
    };
};
</script>
</head>
<body>
  <canvas id="c1" width="300" height="300">
</body>
</html>

下記はその出力結果です。

3.png

以上のように、canvasを使えば画像処理のアルゴリズムで画像をいろいろ加工することができます。