IVS CTO Night & Dayに参加しました

  • 12
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

こんにちは。CYBIRDエンジニア Advent Calendar
11日目のSatoshi_Nakamuraです。10日目は飲み仲間であり、バスケ仲間でもあるkhironoriさんのわくわくするガジェットたちでした。

今一番わくわくが止まらないのはShiftWearです。

はじめに

12/7,8,9で開催されましたIVS CTO Night & Dayに参加してきました。

CTO Night & DayはIVS(Infinity Ventures Summit) と同時期に開催されたCTO及び技術責任者のためカンファレンスです。

2日目に開催された『アンカンファレンス』というセッションの話しを書きたいと思います。

アンカンファレンスは各社CTO、技術責任者が約10名程の小グループで集まり事前に集めたテーマでディスカッションを行うという内容です。

お悩み事ベスト5

事前に取られたアンケートで挙がったテーマ、ベスト5がこちらです。

1.エンジニアの採用
2.エンジニアの評価
3.会社のブランディング向上
4.スキルアップ施策
5.技術顧問・外部アドバイザーとの出会い方や付き合い方

ディスカッションは2回あり、『エンジニア採用』『スキルアップ施策』に参加させていただきました。
各テーマで約10名程集まり、各社が行っている施策等を聞き、取り入れていきたいなと思いました。
面白いなと思った施策をご紹介します。

エンジニア採用

各社さん採用には非常に課題意識が高く、多くの企業が悩まれておりました。
その中で色々な施策が出たのですが、なんだかんだでこれが一番協力だと感じました。

・定期的に知り合いエンジニアにPingを打つ
⇒この時代にそんな・・・と思うかもしれませんが、まぁこれですよ。これ。

スキルアップ施策

スキルアップについて、マネージメント寄りになりますが、効果的だと思いましたので、ご紹介します。

1.闇朝会
日頃、朝会や夕会などを行っている会社は多いと思うのですが、内容をあえて抱えている闇(問題や悩み)に絞っておこなう事で、1人で抱え込んでしまう事を回避したり、タスクの進行状況を確認する事が出来、非常に良いなと思いました。

2.定例MTGなどでメンバー同士褒めあう(褒めるポイントを見つける)
承認欲求を満たす事が出来、更にチーム内でメンバー同士が今どんな事をしているかを知る事が出来る為、これ・・・次からやります。

弊社で行ったコーチング研修について

スキルアップ=モチベーションを高める事なんだろうな。という事で弊社が行った研修についてご紹介します。
先日、ウエイクアップさんにご協力いただき社内でコーアクティブ・コーチングという研修を行いました。
ポイントは3つあるのですが、全部挙げるのもあれなんで、2つだけ。

・事柄よりも「その人」自身に焦点を当てる
事象に焦点:

「5年後のキャリアプランについてどう考えていますか?」

人に焦点:

「鈴木さんは、5年後どうなっていたいですか?」

・相手のモチベーションリソース(元気の源)を見つける。(話している内容だけでなく、その人の気持ちや、態度にも意識を向ける。)
⇒ 相手の元気さやわくわく(エネルギー)が高まるポイントを掴む
⇒ 声が大きくなったり明るくなるなど語気が変化する
⇒ ボディランゲージが強まる
⇒ 表情が緩むなど変化がある

例:

Aさん:『昨日の休日はフルマラソンに出たんです』
よくある質問:『タイムは?どこのマラソン?俺には無理だな~』
応用例:「○○さんはマラソンの何に魅力を感じてるの?」「〇〇さんにとってマラソンの好きなところって何?」

このような対話をするような研修は読むだけではなく、実践が大切です!
実践の際ファシリテートなど素人だと難しい事があったりするので、こういう研修は良いと思いますよー

最後に

アンカンファレンスで風景などを写真で撮ったので、アップロードしようとしましたが、アップロードサイズ制限に引っ掛かり・・・断念。残念。俺、無念。

明日は、社内勉強会などでいつもタメになり、且つ面白い発表をしてくださる@SayakaIto さんです。乞うご期待!

この投稿は CYBIRDエンジニア Advent Calendar 201511日目の記事です。