privateなrubygemsの誤リリースを防ぐ

  • 9
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

うっかりrake relase出来ないようにする Ruby - Rake のタスクを消す (プライベートな gem のうっかり rake release を防ぐ) - Qiita という対処の他に。

RubyGems 2.2.0 and newerallowed_push_hostが使える。exampleはコピペ。

Gem::Specification.new 'my_gem', '1.0' do |s|
  # ...
  s.metadata['allowed_push_host'] = 'https://gems.my-company.example'
end

http://guides.rubygems.org/publishing/#serving-your-own-gems


追記(2015-02-12 2:40)
bundler v1.8.0から、bundle gem fooで生成する.gemspecallowed_push_hostの記述入るようになった。こんな。

if spec.respond_to?(:metadata)
  spec.metadata['allowed_push_host'] = "TODO: Set to 'http://mygemserver.com' to prevent pushes to rubygems.org, or delete to allow pushes to any server."
end