マルチプラットフォームにリリースできたアプリ「走れテディ」の紹介

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

自己紹介

普段は外資系の化粧品会社で経理してます。アプリ開発は趣味で始めて2011年の6月に最初のiOSアプリ「シフト電卓」をリリースしました。

その後、「4ナンバーズ」が [ゲーム-教育] カテゴリーで1位になったことで、このアプリをAndroid、Windowsストア、WindowsPhone用のアプリを開発しようと思い、AndoridはJava, Windowsストア、WindowsPhoneはC#で開発しリリースしました。

Unityとの出会い

しばらくして、Unityというゲームエンジンがあることを知りました。

でも最初は、2Dのゲームアプリもまともに作れないのに、3Dなんてとても無理と思っていました。それに、iOSに書き出すのにお金を支払わなければいけなかったし。暫くして、無料になったことで、(C#は好きだし)ちょっとやってみようと思いました。

書籍やYouTubeで学習しながら、週1個のペースでアプリを3つ作り、リリースしました。そして、Unity Mecanimの学習セミナーで熊ちゃんに出会いました。スワイプでジャンプ出来るようにして、傾きセンサーで左右に移動できるようにしたのが、「走れテディ」です。

このアプリは、Unityで作成した4つ目のアプリです。最初に、iOSとAndroidでリリースしました。

そして

10月12日, 13日にNHN PlayArt x Unity: PlayArt Game Jamに参加し、Kamcord(プレイ動画をTwitter, Facebook, YouTubeで公開できる)の存在を初めて知り、早速iOS向けに組み込みました。

その後、Unity 4.2がリリースされたので、WindowsストアとWindowPhone用に修正を加えリリースしました。以下にアプリのリンクでご紹介させて頂きます。

iOS

https://itunes.apple.com/jp/app/zouretedi/id687068104?mt=8
リリース日:8月19日
Download数: 13,428

特有の機能:
Kamcordの機能を追加しています。
http://www.kamcord.com/games/teddy-run/

Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.investway.teddyrun&hl=ja
リリース日:8月14日
Download数: 577

Windowsストア

http://apps.microsoft.com/windows/ja-jp/app/teddy-run/530b433f-3f72-49a3-8a45-d89e399f7220/m/ROW
リリース日:10月28日
Download数: 881

WindowsPhone

http://www.windowsphone.com/ja-jp/store/app/teddy-run/b9422f97-0830-4eb5-9f46-5278b3f6ce9d
リリース日:11月7日
Download数: 2,356

以上、マルチプラットフォームに対応したアプリ「走れテディ」をご紹介させて頂きました。

Unity 楽しい 最高だ!! by Twitter: @sadaki7